ビッグマイナーチェンジ版・日産の新型「フェアレディZ」は2021年に登場するとの噂が浮上。気になるフルモデルチェンジ版はいつ登場する?

2020-05-27

~新型「フェアレディZ」にはどうやら新型「スカイライン」同様のV6ツインターボが濃厚?~

以前、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにて目撃された日産のビッグマイナーチェンジ版となる新型「フェアレディZ」と思われる開発車両ですが、このモデルが2021年頃に登場する?との噂が浮上しています。

自動車情報紙ベストカーの情報によると、今回目撃された個体は現行「フェアレディZ(Z34型)」の姿を借りながらも、フロントエンドには6つの丸型エアダクトが確認できることから、高確率でツインターボエンジンを搭載する可能性が高く、その最も有力的なパワーユニットとして新型「スカイライン」にも採用の排気量3.0L VR30DDTT型V型6気筒ツインターボエンジンを搭載するとして、更には”400R”ならぬ最高出力400psを発揮する”Z400”も登場するかもしれないとのこと(「V37スカイライン」と共通のプラットフォームを搭載しているため、エンジンの載せ替え自体は不可能ではない模様)。


~デザインも大幅変更でVモーショングリルも積極採用?~

そして外観についても大きく手直しが施されるかもしれないとのことで、遂にフロントマスクには日産のアイデンティティでもあるVモーショングリルが採用され、フロントヘッドライトは「アリヤ・コンセプト」のような細くて釣り目となるアグレッシブな顔つきとなるかもしれないとのこと。

見た目としては、現行「フェアレディZ」から大きくかけ離れる可能性は高いものの、それでもドアハンドルは縦型のままで、フロントフェンダーには”Z”のエンブレムを貼付し、更に足元にはレクサス「LFA」のようなデュアル5スポーク式を模したチタングレー仕上げの大口径アルミホイールを装着することが期待されています。

~ところで次期型はいつ登場するの?~

その一方で、もう一つ気になるフルモデルチェンジ版となる次期型「フェアレディZ」の存在についてですが、これは更に先延ばしとなる2025年頃に登場するとの情報があるそうで、まだまだ明確な情報は無いにしても、「アリヤ・コンセプト」からヒントを得た電動モータや、e-POWER技術を搭載したEV化となる可能性が非常に高いとして、エンジン出力においても400psどころか、「GT-R R35 Nismo」をも圧倒するレベルの500ps以上を発揮する可能性も秘めているかもしれません(そうなると駆動方式も後輪駆動(FR)だけでなく四輪駆動(AWD)の設定もあるかも?)。

☆★☆日産関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう