なぜこのタイミングに…マツダ「ユーノス800」やスズキ「エスクード」含む4車種・計2万台以上に大量リコール。エアバッグが正常に展開しない恐れアリ

2020-05-27

~エアバッグのリコールはいつになったら終わりを迎えるのだろうか?~

マツダ「ユーノス800/ミレーニア」の2車種・計13,732台に大量リコール。

リコールの内容としては、運転席側エアバッグのインフレータ(ガス発生装置)において、ガス発生剤が吸湿して劣化することがあるとのこと。
そのため、エアバッグ展開時に正常展開しないおそれがあり、最悪の場合、インフレータ容器が破損するおそれがあるとしてリコールを発令しています。

対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故や不具合は無いものの、仕入先からの情報により明らかになったそうです。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[ユーノス800]
・E-TA5P、GF-TA5P/TA5P-200004~TA5P-203765/平成 8 年 4 月 23 日~平成 9 年 6 月 30 日/3,762台

・E-TA5A/TA5A-200005~TA5A-200153/平成 8 年 6 月 17 日~平成 9 年 6 月 12 日/149台

・E-TA3P、GF-TA3P/TA3P-200003~TA3P-200134/平成 8 年 5 月 27 日~平成 9 年 6 月 26 日/132台

・E-TA3A、GF-TA3A/TA3A-200008~TA3A-200063/平成 8 年 5 月 28 日~平成 9 年 6 月 26 日/56台

[ミレーニア]
・E-TA5P、GF-TA5P/TA5P-220001~TA5P-302827/平成 9 年 7 月 7 日~平成 11 年 11 月 15 日/4,939台

・E-TA5A/TA5A-220001~TA5A-220087/平成 9 年 7 月 9 日~平成 10 年 5 月 21 日/87台

・GF-TAFP/TAFP-100005~TAFP-104157/平成 10 年 6 月 1 日~平成 11 年 9 月 28 日/4,153台

・E-TA3P、GF-TA3P/TA3P-220001~TA3P-300206/平成9年7月7日~平成11年11月16日/281台

・E-TA3A、GF-TA3A/TA3A-220001~TA3A-300143/平成9年7月10日~平成11年11月11日/173台

改善祖として、全車両、予防的措置として、当該インフレータを代替品に交換。なお、交換用部品の準備に時間を要することから、準備ができた段階で順次交換するリコール作業を実施するとのことです。


~スズキでもやはりエアバッグのリコール~

続いてはスズキ「エスクード/プロシードレバンテ」の2車種・計10,584台にリコール。

リコール内容としては、こちらも運転者席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、吸湿防止が不適切なため、ガス発生剤が吸湿することがあるとのこと。
そのため、使用過程でガス発生剤が吸湿や乾燥を繰返した場合など、エアバッグ作動時に正常に展開しないおそれがあるとしてリコールを発令しています。

対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故や不具合は無いものの、仕入先からの情報により明らかになったそうです。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[エスクード]
・GF-TA02W/TA02W-100026~TA02W-103043/平成 9 年 11 月 10 日~平成 11 年 6 月 15 日/1,750台

・GF-TA52W/TA52W-100014~TA52W-100299/平成 9 年 11 月 10 日~平成 11 年 4 月 23 日/98台

・GF-TD02W/TD02W-100004~TD02W-104240/平成 9 年 10 月 23 日~平成 11 年 6 月 16 日/1,838台

・KD-TD32W/TD32W-100035~TD32W-100203/平成 10 年 4 月 1 日~平成 10 年 9 月 28 日/89台

・GF-TD52W/TD52W-100042~TD52W-105772/平成 9 年 10 月 23 日~平成 11 年 6 月 14 日/2,907台

・GF-TD62W/TD62W-100018~TD62W-101313/平成 10 年 2 月 24 日~平成 11 年 6 月 16 日/839台

・GF-TL52W/TL52W-100002~TL52W-101198/平成 10 年 11 月 6 日~平成 11 年 6 月 14 日/1,186台

[プロシード・レバンテ]
・GF-TF52W/TF52W-100003~TF52W-100197/平成 9 年 11 月 11 日~平成 11 年 6 月 14 日/144台

・KD-TJ32W/TJ32W-100001~TJ32W-100119/平成 10 年 2 月 24 日~平成 11 年 5 月 21 日/119台

・GF-TJ52W/TJ52W-100001~TJ52W-101619/平成 9 年 11 月 4 日~平成 11 年 6 月 14 日/1,311台

・GF-TJ62W/TJ62W-100001~TJ62W-100303/平成 10 年 2 月 20 日~平成 11 年 6 月 14 日/303台

改善措置としては、全車両、予防的措置としてエアバッグインフレータを代替品と交換。なお、部品が準備でき次第、部品交換を改めて案内するとのことです。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

Reference:国土交通省①国土交通省②

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう