トヨタ幹部「新型MR2復活の優先順位は低い。新型86の開発が重要だ!」。なお以前にはポルシェと共同開発するとの噂も報じられたが?

2020-05-27

~期待されていた「MR2」の登場はまだまだ先のようだ~

以前、トヨタの2ドアミドシップスポーツモデル「MR2」が復活する?との噂が幾度も報じられましたが、遂にこのモデルに関してトヨタ・モーター・ヨーロッパの営業担当副社長であるマット・ハリソン氏がコメントしています。

自動車ニュースサイトAutocarのインタビューより、マット・ハリソン氏は「次世代MR2は優先すべきモデルではない」とコメントしており、その代わりとしてフルモデルチェンジ版・新型「86/スバルBRZ」の開発に重点を置くことを明らかにしています。


~次世代「MR2」はまだ共同開発先が決定していない~

なお、次世代「MR2」の開発が優先度的に低くなっている理由としては、共同開発社(提携先)や搭載するエンジンが決定していないことが主だと考えられ、その一方で新型「86」は、現行に引き続きスバルとの共同開発が決定していますし、次世代水平対向エンジンが搭載される予定となっています。

ちなみに、過去に自動車ニュースサイトAutoIndustriyaのインタービューにて、トヨタ新型「GRスープラ」を開発したチーフエンジニアである多田哲也 氏の説明によれば、次なる新型ミドシップスポーツモデル「MR2」の共同開発の相手は”ポルシェ”と回答してそうですね。

そして次期「MR2」に搭載されるエンジンについても、水平対向4気筒エンジンが搭載される可能性があるとのことで、より具体的な開発内容が明らかになっていました。

多田氏が回答した「ポルシェ」が本当であれば、おそらくポルシェ自身も新たなるエントリースポーツモデルをラインナップしてくるのではないか?と推測していますが、とりあえず共同開発を進めていく上で、開発期間の短縮とスピードアップ、並びにコストの削減を考えるのであれば納得いく話ではありますが、果たしてポルシェがこのプロジェクトに参加するのかどうかが気になるところではありますね(もちろん、現時点ではポルシェもトヨタと共同開発を進めるとは明言していない)。

ただその一方で、自動車ニュースサイト・ベストカーの情報によれば、「GRスープラ/86」とは異なるエンジンレイアウトを持ち、更にはイギリスのライトウェイトスポーツメーカであるロータスとの共同開発による特別なエンジンが搭載されるかもしれないとの報道もあるので、いずれにしてもトヨタがこれまでに販売してこなかった全く新しい持ち味のスポーツモデルであることは間違いなさそうです。

☆★☆トヨタ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう