フルモデルチェンジ版・日産・新型「エクストレイル」のインテリアをキャッチ!ほぼ偽装無しでこれまで見えなかった一部のレイアウトも明らかに

2020-05-27

~次々と明らかになっていく新型「エクストレイル」の詳細情報~

先日、日産のフルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル(Nissan New X-Trail)」と思われる開発車両が目撃されていましたが、今度は偽装がほぼ無くなったインテリアデザインが明らかに。

既に新型「エクストレイル」の外観デザインやヘッドライト、リヤテール、ウィンカーなどは細かくインプレッション済みですが、未だカモフラージュの薄いインテリアデザインは紹介できていなかったため、今回のスパイショットはかなりタイムリーなのではないかと思いますね。
早速どういったインテリアなのかをチェックしていきましょう。


~早速新型「エクストレイル」のインテリアデザインを見ていこう~

こちらが、今回スパイショットされたほぼカモフラージュされていない新型「エクストレイル」のインテリアデザイン。
センターコンソールに設けられたシフトノブは、ステアリングによってちょっと隠れた状態になっていますが、現行モデルのようなチープなデザインではなく、ちょっとメカメカしいシフトノブへと変更され、更にシフトチェンジはトヨタ「プリウス/レクサスLS」等のようなジョイスティックタイプを採用しています。

その手前には電動パーキングブレーキスイッチとオートブレーキホールドスイッチを採用し、その手前にはダイヤルスイッチのようなものが設けられていますね。
あとは個人的に気になっていたセンターシフトノブの隣についてですが、こちらはスパイショットされたときはカモフラージュで何も見えなかったものの、今回のスパイショットによりドリンクホルダーであることが明確になりました。

あとは手前に写っているステアリングホイールを見ていくと、少し大きめの3スポークステアリングホイールで、右側にはプロパイロットと思われる運転支援システム専用スイッチらしきものが確認できますし、パドルシフトも確認することができます。

~過去にスパイショットされた新型「エクストレイル」のスパイショットも見ていこう~

ちなみにこちらが、過去にスパイショットされた新型「エクストレイル」のインテリア。
全体的にカモフラージュは分厚めですが、メーター類やナビゲーションディスプレイ、エアコンパネルなどが確認できますね。

こちらはセンターコンソール部分。
先ほどと同じ説明になってしまいますが、非常にシンプルでスマートなシフトノブを搭載し、その下には電動パーキングブレーキシステムとオートブレーキホールドらしきスイッチが搭載されています。

センターには大型のインフォテイメントディスプレイをインストール、そしてHVACシステム専用モニターも採用していますね。
また大型インフォテイメントディスプレイの直下には、「進む/戻る/オーディオ/メニュー/マップ/カメラ」といったショートカットスイッチも準備。

デジタルメーターには、タコメーターやスピードメーター、ナビゲーション指示が採用されていることが確認できます。
ステアリングホイールにも、インフォテイメント用のコントロールスイッチが多数装備されています。

☆★☆新型「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:WS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう