【なぜ日本で発売しない?!】日産の新型「ジューク/キックス」よりもコンパクトなSUVモデル名称は「マグナイト(Magnite)」で決定?合わせてロゴも商標申請していたことが判明

2020-05-27

~既に発表されているダットサン・マグナイトとは異なる?~

日産といえば、2019年にフルモデルチェンジ版となる新型「ジューク(Nissan Juke)」を欧州市場にて発売し、2020年春頃に日本市場でもマイナーチェンジ版・新型「キックス(Kicks)」を発売する予定となっていますが、インド市場ではこれらのモデルよりも更にコンパクトなSUVモデルを発表する予定となっています。

未だどういった名称になるかまでは定かになっていませんでしたが、日産はつい先日「マグナイト(Magnite)」と呼ばれる名称に加えて、”MAGNITE”ロゴも商標登録申請を行っていたことが明らかとなりました。
もちろん、正式に日産の新型コンパクトSUVモデルの名称が「マグナイト」になると決定したわけではないものの、このモデルが近日中に発表される予定であることを考えると、これが採用される可能性も十分にありそうですね。


~新型「(仮)マグナイト」は日本市場が求めていた5ナンバーSUVに該当し、日産の再起を図れる一台でもあると思う~

ちなみに新型「(仮)マグナイト」は、日本市場でも大人気モデルとなっている5ナンバーSUVモデルとなるトヨタ新型「ライズ(Toyota RAIZE)」やダイハツ新型「ロッキー(Daihatsu Rocky)」のような全長4,000mm以下のICE搭載モデルで、ルノー「クウィッド(Renault Kwid)」と同じCMF-Aプラットフォームの更なる改良版となるCMF-A+プラットフォームを採用すると言われています。

パワートレインについては、排気量1.0L HR10型直列3気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力100ps/最大トルク160Nmおよび117ps/170Nmの2グレードがラインナップされる予定となっています。
トランスミッションについては、タイ市場でも販売されている新型「アルメーラ(Almera)」と同じXtronic CVTとのことで、燃費も23km/L以上を実現するそうです。

気になるフロントマスクについてですが、未だ明確なデザインは明らかになっていないものの、おそらくは日産のアイデンティティともいえるVモーショングリルを採用するでしょうし、新型「ジューク/キックス」とは異なるアグレッシブなLEDフロントヘッドライトを搭載する可能性が高そう。
またベルトラインについては、Cピラーに向かって急上昇するようなラインとなり、その後ほぼ垂直となっていることも確認できますね。

こちらは2月中旬ごろに公開された2枚目のティーザー画像(リヤテールランプ)。
C字型にて囲まれたテール中央にはハニカムパターンが採用され、更に側面には鋭いフラットなラップアラウンドLEDテールランプが採用されていますね。

かなり先進的と言いますか…都会的なデザイン性を持つコンパクトSUVですが、明らかにトヨタ/ダイハツ「ライズ/ロッキー」を意識したテールデザインで、日本市場でも十分対抗できるほどの品質ではないかと思います(なぜインド市場向けなのかが疑問…)。

競合モデルとしては、マルチ・スズキ「ビターラ・ブレッツァ(Maruti Suzuki Vitara Brezza)」やヒュンダイ「Venue」、起亜「Sonet(QYI)」、ルノー「HBC」、タタ「ネクソン(Tata Nexon)」、フォード「エコスポーツ(Ford EcoSport)」、そしてマヒンドラ「XUV300」とかなりのラインナップとなっています。

☆★☆日産関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう