日産がインド市場向けに発表する新型「ジューク/キックス」よりも更なるコンパクトSUVはこうなる?トヨタ新型「ライズ」と間違いなくたたかえる一台になるぞ…

2020-05-27

~もしレンダリング通りのモデルが市販化されれば日本でも売れると思う~

日産といえば、2019年にフルモデルチェンジを果たしたばかりとなる新型「ジューク(Nissan Juke)」を欧州市場にて発売し、2020年春~夏頃にかけて日本市場でも発売予定となっている新型「キックス(Kicks)」等、今後さらに注目を高めそうなコンパクトSUVを続々と発表・発売していますが、これらのモデルよりも更にコンパクトなSUVモデルが、インド市場向けに発表されるとのことでティーザー画像も公開。

前回の記事では、上半分のみがうっすらと描かれたサブコンパクトSUVのティーザー画像のみを公開しましたが、最近デジタルアーティストであるShoeb Kalania氏が、サブコンパクトSUVはこのようなデザインになる?といった完成予想レンダリングを公開しています。


~スタイリングはクーペ風SUV、トヨタ新型「ライズ」の牙城も崩せるかもしれない…~

今回インド市場向けに発表されるであろう日産のサブコンパクトSUVですが、全長等の寸法は明らかにしていないものの、どうやら新型「ジューク/キックス」よりも更に短い、全長4,000mm以下のBセグメントSUVになると言われていて(日本市場でいえば5ナンバークラスのコンパクトSUV)、更に全高も低めのクーペ風スタイリングで価格帯も非常に抑えられているとのこと。

今回は日本市場での販売予定はないものの、もし導入されればトヨタ新型「ライズ(Toyota RAIZE)」やダイハツ新型「ロッキー(Daihatsu Rocky)」のような5ナンバーSUVと十分たたかえるだけの力を持っていると考えられます。

~早速完成予想レンダリングを見ていこう~

今回公開されている完成予想レンダリングを見ていくと、SUVらしさを残す伝統的な直線のキャラクターラインと、「キックス」に採用されているようなブーメラン型のヘッドライトが印象的ですが、ヘッドライトは想像以上にアグレッシブで、新型「ジューク/エクストレイル」とは一味も二味も違った個性的なデザインとなりそうですね。
またベルトラインについては、Cピラーに向かって急上昇するようなラインとなり、その後ほぼ垂直となっていることも確認できますね。

ルーフラインを見ていくと、緩やかに傾斜したデザインを採用しており、アウトドア性を高めるルーフレールが装備されるも、非常にモダンな外観にも仕上がっているように感じられますね。
足元については、2トーンカラーの5スポークアルミホイールを装着し、その上部にはスクエア型ホイールアーチにブラックのプロテクタパーツを装着しています。

プラットフォームについては、CMF-A+プラットフォームをベースにする可能性が高く、ルノー「HBC」と多くのコンポーネントを共有し、2月に開催されるAuto Expo2020にてコンセプトモデルを発表してくる可能性が高いと言われています。

パワートレインについては、これも予想ではあるものの、新型「ジューク」同様に排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンを搭載するかもしれないとのこと。
トランスミッションは、5速MT/CVTの何れかから選択が可能で、駆動方式も前輪駆動(FF)のみではないかと考えられています。

☆★☆日産関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう