これは一体…(印)日産が新型「ジューク/キックス」よりも更にコンパクトなSUVモデルを発表するようだ。ティーザー画像も公開され、かなりアグレッシブに?

2020-05-27

~日産も遂にサブコンパクトSUVを発表するようだ~

日産のコンパクトSUVモデルといえば、2019年にフルモデルチェンジを果たしたばかりとなる新型「ジューク(Nissan Juke)」や、2020年春~夏頃にかけて日本市場でも発売予定となっている新型「キックス(Kicks)」が挙げられますが、これらのモデルよりも更にコンパクトなSUVモデルが、インド市場向けとして発表されることが明らかとなりました。

今回インド市場向けに発表されるであろう日産のサブコンパクトSUVですが、全長等の寸法は明らかにしていないものの、どうやら新型「ジューク/キックス」よりも更に短い、全長4,000mm以下になると言われていて、更に全高も低めのクーペ風スタイリングで価格帯も非常に抑えられているとのこと。


~実はインドのサブコンパクトSUV市場はかなりアツい~

競合モデルとしては、マルチ・スズキ「ビターラ・ブレッツァ(Maruti Suzuki Vitara Brezza)」やヒュンダイ「Venue」、起亜「Sonet(QYI)」、ルノー「HBC」、タタ「ネクソン(Tata Nexon)」、フォード「エコスポーツ(Ford EcoSport)」、そしてマヒンドラ「XUV300」とかなりのラインナップとなっています。

日産によれば、今後インド市場では「キックス」やルノー「キャプチャ(Renault Captur)」の人気が少なくなってくると考えているそうで、更に実用性とコンパクト感を高めるために、全長4,000mm以下のサブコンパクトSUVが必ず注目されると主張。
つまり、日本市場にて大成功を収めたトヨタ新型「ライズ(Toyota RAIZE)」やダイハツ新型「ロッキー(Daihatsu Rocky)」のような5ナンバーSUVが注目されると考えているそうです。

~デザインベースは「キックス」がメインになる?~

そして今回、日産はサブコンパクトSUVのティーザー画像を公開していますが、「キックス」のようなブーメラン型のヘッドランプを搭載しているようにも見え、Aピラーからルーフにかけて傾斜はなだらかで、トップルーフは少し下るようようなクーペ風スタイルとなっていることが確認できますね(フラットでも下り過ぎてもいない良い感じ)。

画像の関係もあると思いますが、Bピラーを確認することができず、おまけにドアも確認できないので何とも言えないのですが、さすがに実用面を考慮するともなれば5ドアモデルであることは確実だと思いますね。

プラットフォームについては、CMF-A+プラットフォームをベースにする可能性が高く、ルノー「HBC」と多くのコンポーネントを共有し、2月に開催されるAuto Expo2020にてコンセプトモデルを発表してくる可能性が高いと言われています。

パワートレインについては、これも予想ではあるものの、新型「ジューク」同様に排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンを搭載するかもしれないとのこと。
トランスミッションは、5速MT/CVTの何れかから選択が可能で、駆動方式も前輪駆動(FF)のみではないかと考えられています

☆★☆日産関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう