やはりSNSの普及は恐ろしい…ビッグモーターにて100万円でホンダ「バモス」を購入。1年後同じ同じ購入先にて査定→「値段はつきません。うちも商売なんで他に売ってください」

2020-05-27

~値段云々よりもビッグモーター側の対応はちょっと目に余るものがあるかもしれない~

大手中古車販売店のビッグモーター高松支店のスタッフが、顧客から預かったレクサス「IS250」を見て侮辱し、その侮辱内容がドライブレコーダーにて記録されてしまったために、「IS250」のオーナーがSNSにてドライブレコーダーの内容を投稿したことで、その店舗が大炎上してしまいましたが、今度は他店のビッグモーターの対応について不満を漏らしたことでまたまた大炎上しています。

その内容というのが…

車売るなら○ッグモーター♬ え?何がやねん!
乗らなくなったから買取金額を見積もってもらったら 『値段が付きませんね、うちも商売なんで他に売ってください!』 去年そこから総額100万で買ったバモスやで!
走行距離まだ5万㌔なのに事故歴もないのにそんな上から目線な言い方と態度はないだろ!

1年前にビッグモーターにて100万円で購入したホンダ「バモス」を、同じ購入先にて査定してもらったところ、値段が付かなかったために”うちも商売なんで他に売ってください”と言われてしまったようです。

購入前の走行距離がどれぐらいで、1年後に何キロ走行したかによって査定額は異なると思いますが、それでも値段が付かなかったからといって「うちも商売だから他に売ってほしい」というのはちょっと冷たい言い方ではありますね(本当にスタッフがこのような言い方をしていればの話ですが)。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~確かに対応には色々と不満はあるかもしれないものの、買取り額に関してはそこまでの不満は無いように思える~

ちなみに、私も2018年式で(当時)走行距離11,500kmのレクサス「NX300h F SPORT」を売却するため、一度インターネット一括査定にて買取価格を調べてみたところ、レクサスディーラーでの下取り価格は370万円であったのに対し、他の買取店舗が提示した価格は以下の通り。

・BIGMOTOR(ビッグモーター):395万円(残価率69%)
・Gulliver(ガリバー):375万円(残価率66%)
・カーセブン:440万円(残価率77%)
・ネクステージ(Nextage):360万円(残価率63%)

※レクサスディーラ:370万円(残価率65%)

各社の買取金額を見てみると、ディーラでの下取り額を超えたのは3社で、その中でも圧倒的だったのはカーセブンの440万円という金額でしたね(ビッグモーターは395万円と2番目に高かった)。
ディーラとの価格差は70万円もありますし、結構なオプションを選べれる金額ではないかと思います。
残価率も驚異的ともいえる77%ですし、仮に残価設定にて購入していれば普通におつりが返ってくるパターンだと思うので、残債も無いと思われます。

~なぜ店舗によってこれだけの価格差が付いたのか?~

ちなみに、カーセブンさんが440万円の買取金額を付けてくれた理由を聞いてみたところ、「NX」はかなり人気の高い商品ということで、おまけに私が訪問した最寄りのカーセブンさんでは、ちょうど「NX」の中古在庫が切らした状態で、かなり必要としていたとのことで、このような高額設定をさせて頂いたとのことでした。

一方でネクステージは、カーセブンさんと全くの反対で、「NX」の在庫を何台か抱えており、しかも販売している車両のメインは輸入車ということで、国産車は結構安い価格での買取になってしまうということでした。
おそらくこうした買取金額というのは、ボディや走行距離、年式はもちろんですが、後は「店舗側の都合とタイミング」も大きく影響してるんだろうなぁというのが正直な感想でしたね。

在庫を抱えている抱えていないで最大80万円の差額が発生しているわけですから、こういったところも査定をお願いする上では注目しておきたいポイントなのかもしれません。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう