これは一体…ランボルギーニが新たなトラック専用ハイパーカーのティーザー画像を公開。これが正真正銘の「アヴェンタドールSVR」か?

2020-05-27

~忘れたころにやってくる「(仮)アヴェンタドールSVR」のティーザー画像~

ランボルギーニは以前、FIA認定グランツーリスモチャンピオンシップ2019の世界大会にて、同社スペシャルモデルとなる「V12ヴィジョン・グランツーリスモ(Lamborghini V12 Vision Gran Turismo)」を世界初公開しましたが、今回はこれとは別となるトラック専用モデルと思われる新型ハイパーカーのティーザー画像を公開しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回公開されているティーザー画像を見ていくと、ボディには「アヴェンタドールSVJ」にてカモフラージュされていたときと同じダズル迷彩にて偽装されており、リヤエンドと思われるところに”Lamborghini”の専用エンブレムが貼付されていますね。


~まだまだ謎に包まれたままの「アヴェンタドールSVR」~

未だ詳細となる情報が明らかになっていない「アヴェンタドールSVR」ですが、これまで公開されてきたティーザー画像を参考にさせていただくと、レーシングモデルとして装備されるルーフスクープや固定式の巨大リヤウィングなどが装備されることが明らかになっており、更にエンジンについては「アヴェンタドール」ベースの排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジン(多分非ハイブリッド)が搭載される予定となっています。

スタイリングは「アヴェンタドール」ベースだとは思われるものの、開発車両として利用されているのは初期モデル(LP700-4世代)だと推測され、しかしエンジン出力は「アヴェンタドールSVJ」以上となる800hp以上を発揮するのではないか?とも噂されています。

こちらは上空から撮影された「アヴェンタドールSVR」。
この位置から見ると、確かに巨大リヤウィングが設けられ、トップルーフにはルーフスクープのようなブラックのパーツ、更にフロントフードには二つのダクトのような箇所が見受けられてますね。

現時点で確認できる情報はここまでとなりますが、現在ランボルギーニは例の社会問題の関係で工場の操業停止を正式に発表しており、開発などにも大きな影響が出ていると考えられるため、明確な発表時期は控えている可能性が高そう。
新たなティーザー画像や動画がリリースされた際は、当ブログにてご紹介していきたいと思います。

☆★☆「アヴェンタドール」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:TheSupercarBlog.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう