レクサス「NX300h F SPORT」の2年目点検完了。納車後2年間のガソリン代や保険代含めたリアルな全維持費はどれだけかかったか算出してみた

2020-05-27

~これといった大きなトラブルもなくいつの間にか2年の月日が経っていた「NX300h F SPORT」~

さて、レクサス「NX300h」が2018年3月23日に納車されて2年が経過したため、レクサス推奨の法定12か月(24か月目)点検を実施。
何事もなく、無事故・無違反で元気に走っています。

レクサスでは、新車購入してから初回車検(3年目)を受けるまで”レクサスケアメンテナンスプログラム”と呼ばれる点検を受けることができ、この点検費用は、車両本体価格に全て含まれているため、実質初回車検を受けるまでは法定点検を全て無料にて受けることができます。

この他にも、エンジンオイルやオイルフィルタ、ワイパーゴムといった消耗品においても初回3年目までであれば「何回でも」無料で交換することが可能(おまけに無料の洗車付)で、前回所有していた過走行(3年間で17万km以上走行)「CT」ではとにかくフルに活用させていただきました(「CT」のメンテナンス履歴はコチラにてまとめております)。


~法定12か月(24か月目)点検の内容をチェックしていこう~

以下は法定12か月点検の内容となります。
今回も特に何も問題ないとのことで、洗車込みでおおよそ1時間半ぐらいにて点検が完了となっています

【法定12か月点検プログラム(洗車付)】・・・無料
[エンジンルーム]
○パワーステアリングベルトのゆるみの点検
●トランスミッション、トランスファーの油量・油もれの点検
○点火プラグの状態、点火時期、ディストリピューターキャップ状態の点検
●バッテリターミナルの接続状態の点検
○排気の状態の点検
●エアクリーナーエレメントの状態の点検
○ファンベルトのゆるみ、損傷の点検
●冷却装置からの水もれの点検
○エンジンの油もれの点検
●燃料もれの点検

[室内]
○ブレーキペダルと床板のすきまの点検
●ブレーキの効き具合の点検
○パーキングブレーキ引きしろ(踏みしろ)の点検

[下廻り]
○ステアリングギアボックスの取付け状態の点検
●ステアリングギアボックスのロッドアーム類のゆるみ、がた・損傷、ポールジョイントダストブーツの損傷の点検
○ブレーキ配管・ホイールシリンダー、キャリパーの損傷、油もれの点検
●エキゾーストパイプ・マフラー・遮熱板のゆるみ、損傷の点検

[外廻り・足廻り]
○ドラムとライニングのすきまの点検
●シューの摺動部分とライニングの摩耗の点検
○ドラムの摩耗・損傷の点検
●ブレーキディスクとパッドのすきま、パッドの摩耗の点検
○ディスクの摩耗・損傷の点検
●タイヤの状態、亀裂、空気圧などの点検
○ホイールナット・ボルトのゆるみの点検
●サスペンション装置のゆるみ、がたの点検
○プロペラシャフト・ドライブシャフトの連結部ゆるみm、がたの点検
●ドライブシャフトダストブーツの損傷の点検

[消耗部品交換]
○オイルフィルタ・エレメントキット
●オイルパンドレンプラグ・ガスケット
○トヨタ/レクサス SNプラスOW-20(バルク)4.4L
●FRワイパーラバーR&L 取替(定点時付加作業)[ワイパーラバーRH&LH]
○クリーンエアフィルタ取替
●リヤワイパーラバー取替

~納車されてから今日までのガソリン代と自動車税、任意保険は?~

①:2年間ガソリン代は?

続いてはガソリン代ですね。
これは結構生々しい数字になるので、走行距離に依存する部分ではありますが、「あくまで約16,500kmぐらい走行したらこれぐらいになりますよ」というものなのでご参考までに。
なお、これまで給油した回数は19回と少ないですが、基本的には満タン→ほぼゼロ→満タンという繰り返しとなります(高速代も含めると更に跳ね上がりますが…)。

【「NX300h F SPORT」ガソリン代一覧】

[ガソリン代]
1回目給油(走行距離853.2km):7,709円
2回目給油(走行距離926.9km):7,802円
3回目給油(走行距離795.8km):7,401円
4回目給油(走行距離694.9km):7,723円
5回目給油(走行距離712.3km):8,177円
6回目給油(走行距離754.1km):7,986円
7回目給油(走行距離776.0km):8,183円
8回目給油(走行距離716.0km):7,619円
9回目給油(走行距離791.4km):7,599円
10回目給油(走行距離763.9km):7,423円
11回目給油(走行距離803.0km):7,642円
12回目給油(走行距離934.8km):8,435円
13回目給油(走行距離914.6km):7,566円
14回目給油(走行距離893.6km):8,316円
15回目給油(走行距離1094.4km):10,169円
16回目給油(走行距離798.4km):7,742円
17回目給油(走行距離796.8km):7,795円
18回目給油(走行距離696.3km):7,204円
19回目給油(走行距離880.9km):6,970円

累計ガソリン代:149,461円

②:2年間の自動車税は?

続いて自動車税は、用途や総排気量によって税額が決定するもので、自家用乗用車や自家用軽自動車は毎年必ず支払うものとなります。
以下が総排気量別に支払うべき自動車税額。

【総排気量・税額】
総排気量1.0L以下・・・29,500円
総排気量1.0L超~1.5L以下・・・34,500円
総排気量1.5L超~2.0L以下・・・39,500円 ←「N300」はココ
総排気量2.0L超~2.5L以下・・・45,000円 ←「NX300h」はココ
総排気量2.5L超~3.0L以下・・・51,000円
総排気量3.0L超~3.5L以下・・・58,000円
総排気量3.5L超~4.0L以下・・・66,500円
総排気量4.0L超~4.5L以下・・・76,500円
総排気量4.5L超~6.0L以下・・・88,000円
総排気量6.0L超・・・111,000円

軽自動車一律・・・10,800円

ちなみに、私の「NX300h」は、排気量2.4Lのハイブリッドモデルとなるため、区分としては「総排気量2.0L超~2.5L以下・・・45,000円」が該当するわけですが、100%ガソリンモデル以外のハイブリッド等は、登録の翌年度1年間のみ通常の税率から以下に該当するモデルのみ軽減(割引)されます。

【軽減対象モデル】
①電気自動車、天然ガス車、プラグインハイブリッド車、クリーンディーゼル車(乗用車に限る)・・・税率を概ね75%軽減
②「★★★★」かつ「平成32年度燃費基準+30%達成」・・・税率を概ね75%軽減
③「★★★★」かつ「平成32年度燃費基準+10%達成」・・・税率を概ね50%軽減

上記の通り、「NX300h」はハイブリッドモデルかつ燃費基準+30%を達成しているため元の税率から概ね75%減税(割引)となり、初年度は11,500円、2年目は45,000円の納付となります。
したがって、2年間で支払っている自動車税は合計56,500円という計算になりますね。

③:2年間の任意保険代は?

最後に任意保険となりますが、私は三井住友海上に加入していて、最もグレードの高い特約付きで契約させていただいています。
2018年3月~2020年3月まで支払ってきた累計を以下にまとめたいと思います。

【「NX300h F SPORT」任意保険一覧】

1年目:215,400円
2年目:193,320円

累計:408,720円

~①+②+③を足し合わせての総維持費は?!結局レクサスは高いの?~

以上の点検費用とガソリン代、自動車税、任意保険を全て足し合わせての2年間の維持費を計算して見ると…

ディーラー点検費用:無料
累計ガソリン代:149,461円
自動車税:56,500円
任意保険代:408,720円

2年間の総維持費:614,681円

2年間の総維持費は約61.4万円という金額になりました。年単位で考えたら約31万円という計算になります。
約1.56万km走っての維持費ではありますが、個人的にはレクサスというステータス性の高いクルマを所有する上で、年間約30万円の維持費(ローンであればその分の支払い)で非常に満足度の高いライフスタイルを過ごせていると思います。

レクサスは維持費がめちゃくちゃ高い!という勝手なイメージもありますが、先述の通り点検費用は全てレクサスの車両本体価格に含まれていますし、それでいて全く故障しないため品質もとにかく高い、レクサスオーナーしか経験できないこともたくさんあるので、私としてはあまりにも安すぎる対価だと思っています。

レクサス「NX」のメンテナンス履歴はコチラにてまとめております。

☆★☆「NX300h F SPORT」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう