遂に来た!フルモデルチェンジ版・日産・新型「エクストレイル(海外名:ローグ)」のパテント画像が完全リーク。早速そのデザインをチェックしてみよう

2020-05-27

~見れば見る程期待の持てるデザインかもしれない~

日産のフルモデルチェンジ版・新型SUV「エクストレイル(海外名:ローグ)」と思われるパテント画像が、ブラジル経済省によってうっかりリークしていたことが明らかとなりました。
今回リークしている新型「エクストレイル(X-Trail)」のパテント画像を見ていくと、これまで目撃されてきた開発車両と同じVモーショングリルを採用し、フロントエンド両サイドには縦型のエアインテークを確認することができますね。

具体的な説明資料などは無いものの、新型「エクストレイル」では、トップマウントのウィンカーとLEDデイタイムランニングライトが上部に設けられ、その直下には長方形タイプのフロントLEDヘッドライト、更に下部中央寄りには丸形フォグランプのようなものが確認できます。


~リヤデザインも結構アグレッシブなデザインに~

こちらはリヤプロファイル。
エッジの効いたボディワークや上向きに傾斜するベルトライン、更にはハッチバックのように引き締まったリヤハッチ、トップルーフからリヤハッチへと下っていくスタイリッシュなラインを確認することができますね。
またパテント画像では、ルーフレールが装備されていますが、こちらはオプションによるものなのか元々標準装備されるものなのかは不明。

真後ろから見てみるとこんな感じ。
非常にワイド感のあるボディで、若干車高が高いようにも見えますね。
リヤテールランプは、若干ワイドに変形され、リヤスポイラーも再設計が施されています。

サイドのスタイリングはこんな感じ。最近流行りのクーペ風SUVのようで、結構しっかりとしたゴリゴリのSUVにも見えますね。
先ほどの通り、トップルーフはリヤハッチにかけて下っていくようなラインで、リヤスポイラーの張り出しが結構目立ってスポーティー。
給油口は運転席側に設けられていますが、日本仕様はおそらく助手席(左側)ではないかと予想されます。

足回りのフェンダーモールは、恐らくはプラスチックのブラック素地と予想。
それにしても…ドアサイドアンダーのプレスラインがかなりアグレッシブで、現行の「エクストレイル」よりも大きく変化しそうな予感がしますね。これはかなり期待。

~インテリアも改めておさらいしてみよう~

インテリアのパテント画像が無いため、過去にスパイショットされたほぼカモフラージュされていない新型「エクストレイル」のインテリアデザインにておさらい。
センターコンソールに設けられたシフトノブは、ステアリングによってちょっと隠れた状態になっていますが、現行モデルのようなチープなデザインではなく、ちょっとメカメカしいシフトノブへと変更され、更にシフトチェンジはトヨタ「プリウス/レクサスLS」等のようなジョイスティックタイプを採用しています。

その手前には電動パーキングブレーキスイッチとオートブレーキホールドスイッチを採用し、その手前にはダイヤルスイッチのようなものが設けられていますね。
あとは個人的に気になっていたセンターシフトノブの隣についてですが、こちらはスパイショットされたときはカモフラージュで何も見えなかったものの、今回のスパイショットによりドリンクホルダーであることが明確になりました。

あとは手前に写っているステアリングホイールを見ていくと、少し大きめの3スポークステアリングホイールで、右側にはプロパイロットと思われる運転支援システム専用スイッチらしきものが確認できますし、パドルシフトも確認することができますね。

~発売時期は遅れる恐れも?~

なお、新型「エクストレイル」は2020年後半に欧州市場もしくはアメリカ市場にて導入される予定ですが(日本市場は2021年)、例の社会問題の影響により、開催される予定だったモーターショーが続々と延期・中止を発表しているため、もしかすると新型「エクストレイル」の発表時期も遅れる恐れもあるかもしれません。

☆★☆新型「エクストレイル」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう