フルモデルチェンジ版・日産の新型「エクストレイル」の注目度は相当に高いようだ。但し日産ディーラーはまだまだ不安を抱えている模様→その理由とは?

2020-05-27

~日産の新型車に関する情報が公開されるとナゼか嬉しい気持ちになる~

さて、日産のフルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル(Nissan New X-Trail)」に関する最新情報が日刊工業新聞にて公開され、同社新技術となる可変圧縮比(VCR)を採用した排気量1.5L 直列4気筒VCRエンジン+e-POWER技術を組み合わせるハイブリッドシステムを採用し、2021年を目途に市場へと投入するという情報が公開されました。


~新型「エクストレイル」に設定されるe-POWER技術は期待できるか?~

なお日刊工業新聞によれば、VCRエンジンは、走行状況に応じてエンジンの圧縮比(8~14)を変えることが可能で、燃費を高めたい低負荷域において圧縮比を高め、坂道などの高出力が必要な高負荷域において圧縮比を下げることでノッキング(異常燃焼)を抑えるというもの。

こうした動作を連続的に行うことで、幅広い走行シーンにおいて高い燃費効率と優れた走行性能を実現する理想的なエンジンだそうですが、個人的には「セレナe-POWER」(排気量1.2Lハイブリッドモデル)にて体感したトルク不足が新型「エクストレイル」にてしっかりと解消されるのかどうか?といったところは気になるところではありますね。

~新型「エクストレイル」は日産の既存オーナーもかなり期待しているようだ~

こうした新型「エクストレイル」に関する明確な新情報が展開されてから、私がいつもお世話になっている日産ディーラーでは、本モデルに関する問い合わせが多く来ているそうです。

そのほとんどのお客さんが、現行「エクストレイル/ノート」に乗っている既存オーナーということで、これまで全く持って普通乗用車の新型を発表してこなかった日産に、ようやく光が見えてきたといった感じで、これについては日産ディーラーの担当セールスさんもかなり喜んでいたようです。

ただ、日本国内にて市販化されるのが2021年という情報だけなので、そもそも2020年内には登場することなく、2021年の前半に登場するのか、それとも中盤・後半に登場するのかも明らかになっていないため、この辺りは担当セールスさんもまだまだ不安に思っている様子。

トヨタ新型「ハリアー/RAV4」の競合モデルということもあり、デザインやスペック、価格帯(噂によれば250万円~350万円?)によっては、私も購入の検討に挙げたいモデルでもあるので、詳細となる情報が明らかになり次第、すぐに当ブログでも展開していきたいと思います。

☆★☆新型「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:日刊工業新聞

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう