何かヤバイの出てきた…海外の過激チューナーABTがアウディ新型「RS7-R」を公開!トロン風の過激デザインで730馬力発揮のクレイジーモンスターだ!

2020-05-27

スポンサーリンク

~これまでに無くド派手なアウディが現れた~

ドイツの過激チューナーでお馴染みABT Sportsline(アプト・スポーツライン)が、アウディの新型ハイパフォーマンスモデル「RS7スポーツバック(Audi RS7 Sportback)」をベースにした過激カスタムモデル「RS7-R」を世界初公開しました。

今回公開されている個体を見ていくと、明らかに普通とは思えない程の外観を持ち、それはまるでトロン風の近未来的なデザインを採用していることが確認できますね。

スポンサーリンク

~外付けされたエアロパーツは全てカーボンファイバ製~

真正面から見てみるとこんな感じ。
元々過激なフロントフェイスを持つ新型「RS7スポーツバック」ですが、更にフロントカナードやフロントリップスポイラー、更にはブラックのアクセントラインとレッドのピンストライプを追加することで、よりド派手なデザインへと進化しているのがわかります。

かなりズームアップしてみると、何とカナードやフロントリップ部分は全てカーボンファイバ製。
恐らく相当な費用が発生するかと思われますが、レッドのピンストライプもセットになると思われます。

別の角度から見てみるとこんな感じ。
何やら足元のホイールがおかしなことになっていますね?

足もとのアルミホイールは22インチの社外製となる大口径タイプを装着し、しかもホイールはブラックペイント処理することでレッドとのメリハリをしっかりと付けているのがわかります。
更にホイールの内側からライトアップする辺り、この点も近未来的な要素が含まれています。

サイドから見た時のスタイリングもかなり厳ついこと…4ドアセダンというよりも、4ドアクーペもしくはファストバックと表現したほうが良いのでしょうか?非常に滑らかでスポーティな印象を受けますし、恐らく車高も専用スポーツサスペンションによりローダウンしているものと思われます。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプはカスタムされているようで実はドノーマル仕様。
そしてリヤロアバンパーやリヤディフューザーはABT製のオリジナルパーツを装着し、マフラーも両サイド2本出しのクワッドエキゾーストシステムを採用しています。

こちらもリヤディフューザーなどはフルカーボン仕様になっていますね。マフラーチップもカーボンファイバ製であることが確認できます。
センター部分にはレッドにて「RS7-R」と表記されています。

~インテリアもカーボンやアルカンターラをてんこ盛り~

インテリアも見ていきましょう。
ステアリングホイール周りはアルカンターラとカーボンファイバのオーナメントパネルへと張り替えられています。

センターコンソールのオーナメントパネルも全てカーボンファイバ製という拘り。

センターアームレスト先端には限定125セットの内の1セットを意味する専用プレートも貼付されるようですね。これはかなり貴重だと思います。

シートフレームもカーボンファイバを使用し、更にスカッフプレートにも「1 OF 125」の表記が。相当なプレミアム感を演出したいのだと思われます。

~価格は不明ながらもスペックだけを見るとスーパーカーを圧倒するレベル~

ちなみに「RS7-R」のパワートレインは、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンはそのままに、最高出力591hp→730hp/最大トルク800Nm→920Nmへと大幅にチューンアップ。
スペックだけを見れば、フェラーリ「488ピスタ/F8トリブート」やマクラーレン「720S」を圧倒するレベルです。
気になる販売時期についてですが、今のところ4月下旬を予定しているものの、例の社会問題の影響により延期となる恐れもあるかもしれません。

~ABTスポーツライン関連記事5選はコチラ!~

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう