トヨタ「アルファード/ランドクルーザー・プラド」に新たな塗装剥がれ報告。いずれも酷過ぎる塗装剥がれなのに「ランクル・プラド」は保証対象外で有償対応に…

2020-05-27

スポンサーリンク

~ここまで来ると塗装というよりもラッピングのような剥がれ方になっているが…~

以前より度々大きな問題となっているトヨタのホワイトパール070塗装剥がれ問題について。
トヨタは既に、2010年付近に製造された「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース/レジアスエース/iQ/カローラルミオン/オーリス/ウィッシュ」を対象に、以下のように無償修理を実施するサービスキャンペーンのアナウンスを行っているものの、リコールではないため顧客にはハガキでの通知案内や電話での対応も行っていないのがほとんど。

一部の車種・生産期間のホワイトパールクリスタルシャイン色の車両において、塗膜を構成する中塗り塗料の濃度(顔料の量)が低く、膜厚が薄い場合、長期間にわたる太陽光と雨水の影響で、電着塗膜と中塗り塗膜の密着性が低下し、外的負荷(洗車機など)により塗膜が剥がれることがあります。
当該現象が発生し修理をご用命の場合、下記の通り無料にて修理対応致します。
※当該現象は、ボデーパネルが対象で、外装部品(パンパー、ドアミラーなど)は対象外です。


【従来の保証期間】新車を登録した日から3年以内
↓↓↓
【無料修理対応期間】新車を登録した日から10年以内。但し、2020年12月末までは、10年超過車も保証します。

その他にも、サービスキャンペーンの対象外となる「プリウス/ノア/シエンタ/ランドクルーザー・プラド/ラクティス」でもとんでもない塗装剥がれが発生していますが、今回は保証の対象に含まれている「アルファード」と、保証の対象外となっている「120系ランドクルーザー・プラド」において、広範囲の塗装剥がれが報告されています。

スポンサーリンク

~ちなみにこれだけの被害を受けながらも、保証の対象外で無償修理は不可という対応~

ちなみに、今回報告が入っている上の塗装剥がれの個体は、2010年式の「120系ランドクルーザー・プラド」。
もはやここまで来ると塗装剥がれというよりも、ラッピング剥がれに近いレベルで、広範囲に渡る剥がれ方をしているのがわかりますね(ラッピングでもここまで酷い剥がれ方はしないと思いますが…)。

なお、これだけの酷い剥がれ方をしながらも、トヨタディーラーでは「保証対象外だから…」という理由で有償対応しか受け付けないという非情っぷり。
確かに年式的には10年以上経過していて、当初の保証年数となる3年を超えているのは仕方ないとはいえ…ここまでの剥がれ方をするとは誰も予想していないわけで…この状態のままで所有することの精神的な辛さや、有償対応しか受け付けてくれないという更なる精神的ダメージを考えると、ちょっとこれは放っておけない案件なのではないか?と思ったりはしますね。

~一方でコチラの「アルファード」は無償修理対応可能に~

続いてコチラは2010年式の「アルファード」ですが、こちらもルーフ部分が広範囲に渡って塗装剥がれが発生していますね。

もう少し拡大してみるとこんな感じ。
ココから更に剥がれそうな勢いですが、こちらの個体は無償修理の対象に含まれているとのこと。
但し、修理するまでには約4か月かかるとのことなので、ここから更に塗装剥がれが広範囲に渡る恐れが高そうですね。

なお、これは再三当ブログでもお伝えしているいますが、ここまで深刻化しているホワイトパール塗装剥がれ問題について、探し出したらキリがないことはわかっています。
それでも顧客は高いお金を支払って購入しているわけですから、ユーザーが納得いく対応をしてほしいところですし、何よりも今こうして見て見ぬふりを続けて、後々問題が大きくなり、一番苦しくなるのはメーカーやディーラーになるということを忘れてはいけないと思います。

~ホワイトパール塗装剥がれの報告事例があればあるほど、国土交通省が動いてくれる可能性がある~

これだけの塗装剥がれが起きていながら、”対象モデル以外は有償修理でしか対応しない”というトヨタの攻撃的な姿勢というのはちょっといただけないものがありますが、既にこうした問題は結構な件数にも及んでいますし、当ブログでも数多くの方から塗装剥がれ被害の内容や画像、そしてトヨタ側の対応については細かい情報を頂いているので、こういった事例を数多く報告することで国土交通省からメーカーサイドに指摘を入れてくれる可能性があるかもしれません。

まだまだこの問題を解決するには時間がかかりそうですが、少しでも皆様の被害情報をネットを通じて拡散していき、トヨタディーラーやメーカーに伝わるように努めたいと思っています。
これ以上の被害拡大を避けたい想いはメーカーもディーラーも同じでしょうし、そのためにも少しでも皆様からの情報を提供いただけたらと思います。

当ブログでもホワイトパールの塗装剥がれ問題について、被害に遭われた方々の情報を集約して、先述にもある無償対応を可能とするような呼びかけを行っていけたらと思います。

また、こうした問題をディーラーにて問い合わせた際の対応についても併せて記載していきますので、上記のような被害に遭われている方は、以下の問い合わせページにてご連絡をいただくか、私のツイッター(ページはコチラ)、もしくはFACEBOOK専用ページ(ページはコチラ)よりご連絡いただけますと幸いです。

☆★☆トヨタ・ホワイトパール塗装剥がれ問題の関連記事4選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう