フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー」の外観は新型「ハイランダー」よりも攻撃的?!遂にディーラーでも画像が配信され確認することが可能のようだ!【動画有】

2020-05-27

~もしかしたらスクープ動画が配信されたことがきっかけで、ディーラーでも公式画像が配信された?~

つい先日、YoutubeチャンネルのOriba CAR CHANNELさんにて公開されたトヨタのフルモデルチェンジ版・新型「ハリアー(Toyota New Harrier)」と思われるスクープ映像が公開されましたが、遂にトヨタディーラーでも公式画像が配信されたとのことで、早速後日ディーラーにて画像を拝見してきたいと思います。

本来であれば、本日4月6日にいつもお世話になっているトヨタディーラーに訪問しようと思っていたのですが、あいにく本業の仕事の関係で時間が取れなかったので、後日細かい部分をチェックしていきたいところ。

ちなみに、担当セールスさんとのやりとりにて、実際に配信された画像をチェックしての印象を聞いてみると、Youtubeにて公開されているスクープ画像よりも更にアグレッシブで、恐らくこれまでトヨタがラインナップしてきたなかで圧倒的に攻撃的でスポーティであるとのこと。

上のサイドビューのスクープ画像でも確認できますが、恐らくヘッドライトハウジングの一部にはホワイトのカモフラージュテープが貼付されているため、より攻撃的な顔つきにも見えるものの、実車もこれぐらいのアグレッシブな顔つきになることは間違いないとのこと(すんごい期待できるかも…)。

▽▼▽新型「ハリアー」が完全リーク!▽▼▽


~新型「ハリアー」の外観は新型「ハイランダー」に似ている模様~

なお顔つきとしては、新型「RAV4」の兄貴分となる新型「ハイランダー(Highlander)」のスポーツ仕様に近いとのことですが、これがシティ&ラグジュアリー仕様にしたのが新型「ハリアー」になるようですね。
私もこの辺りは実際の画像を見て判断したいところですが、新型「ハイランダー」のスポーツ仕様のような顔つきであれば、間違いなく食指を動かすような一台になると思いますね。

改めてサイドビューのスクープ画像に戻りますが、Aピラーの傾斜がかなり際どく、フロントウィンドウの面積が狭くなっているようにも見えますし、フロントフードもかなり低い位置にあるのではないかと思います。

ボディサイズとしては、全長4,740mm(現行比+15mm)×全幅1,855mm(現行比+20mm)×全高1,660mm(現行比-30mm)で、ホイールベースは2,690mm(現行比+30mm)であることがわかっていますが、スタイリング的にはレクサス「NX」に近いのかもしれません。

ちなみに、新型「ハリアー」の画像を拝見するに辺り、「このポイントだけは見てほしい」というところがありましたら、以下の問い合わせページにてご連絡をいただくか、私のツイッター(ページはコチラ)、もしくはFACEBOOK専用ページ(ページはコチラ)よりご連絡いただけますと幸いです。

【【ついに目撃!?】新型 ハリアー? TOYOTA New VENZA 2020? HARRIER 2020】

☆★☆新型「ハリアー」関連記事4選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう