フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「タンドラ」はこうなる?フロントグリルは新型「RAV4 Adventure」風で、エンジンは新世代”I-Force MAX”ハイブリッドシステム採用?

2020-05-27

スポンサーリンク

~日本での発売は無いものの、アメリカ市場などではかなり人気が高まりそうな一台だ~

2021年後半ごろに登場する予定のフルモデルチェンジ版・トヨタ新型ピックアップトラックモデル「タンドラ(Toyota New Tundra)」ですが、デザインはこうなる?といったレンダリング画像が公開されています。

フロントマスクを見てみると、グリルやロアバンパーデザインは新型「RAV4 Adventure(アドベンチャー)/ハイランダー(Highlander)」のようなオフロード感たっぷりのゴリゴリフェイスに仕上げられ、更にはフォード新型「F-150」を想起させるようなコの字型のLEDデイタイムランニングライトと単眼LEDヘッドライトが搭載されていることが確認できますね。

ボディスタイルとしては非常にダイナミック且つスタイリッシュで、フロント・リヤフェンダーはボディカラーと同色素地だと思われ、更にはAピラーとリヤルーフゾーンのベースがブラックペイント処理されていますが、これだけでも十分高級感があるようにも思えます。
後は電動テールゲートやキャデラックスタイルの縦型基調となるLEDリヤテールライト、バンパーステップ、モジュラーベッドなどが採用される可能性が高そう。

スポンサーリンク

~気になるプラットフォームやパワートレインは?~

プラットフォームについては、次期「タコマ(Tacoma)/セコイア(Sequoia)」といったフルサイズSUVと同じ新世代F1アーキテクチャが採用される予定で、車内はかなり広々としながらもねじり剛性や走行性能も大幅に向上させたモデルになることが期待されています。

インテリアについては、新型「ハイランダー」でも設定されるようなAndroid Auto/Apple CarPlay/Amazon Alexa/4G Wi-Fiコネクトはもちろん、JBLオーディオシステムを搭載した12.3インチタッチスクリーンも搭載される予定となっています。

安全装備については、Toyota Safety Sense 2.0(歩行者検出/レーダークルーズコントロール/ステアリングアシスト付き斜線逸脱警告/車線追跡支援/オートハイビーム制御/前後パーキングサポート/道路標識)が標準装備されるとのこと。

そして気になるパワートレインについてですが、前回当ブログでもお伝えした通り排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン+電気モーターを組み合わせた”I-Force Max”と呼ばれる新エンジン(システム総出力450hpを発揮との噂)の商標出願が完了しているとのことですが、現在ラインナップされている排気量4.6L(5.7L) V型8気筒エンジンからの置き換えとなるかは今のところ不明となっています。

トランスミッションについては、6速MT/10速ATの両方がラインナップされる予定で、駆動方式は後輪駆動(FR)/四輪駆動(AWD)の両方がラインナップされる予定とのことです。

☆★☆トヨタ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう