何コレカッコいい!フィアット新型コンパクトピックアップトラック「ストラーダ」が世界初公開。よりクールな顔つきでエンジンは2種類ラインナップ

2020-05-27

~ただし南アフリカ市場とブラジル市場向けに限定されるが~

フィアットのフルモデルチェンジ版・新型コンパクトピックアップトラックモデル「ストラーダ(Fiat Strada)」が世界初公開されました。

年内に南アフリカ市場専売モデルとして市販化することが決定している新型「ストラーダ」ですが、2020年後半ごろにはブラジル市場でも市販化する予定で、4ドア&5人乗り仕様と2ドア&2人乗り仕様の2種類をラインナップ、フロントマスクはかなりアグレッシブに進化し、非常にスポーティな仕上がりになっています(ちょっと新興国車両っぽい)。


~価格帯やサイズ次第では日本市場でも注目が集まりそうだが~

フロントエンドには、大きな”FIAT”のレタリングが貼付され、フロントグリルは大口化、更にはLEDヘッドライトやLEDデイタイムランニングライトの採用によってスポーティで引き締まった顔つきに進化していますね(これはシンプルにカッコいい)。

更にフロントグリル部分には、ハニカムエアメッシュのエアインテークが設けられることで、更なるスポーティさを際立たせていますが、この辺りは”フィアットらしくない”思い切ったフェイスチェンジですね。

サイドのスタイリングはこんな感じ。
近年のクーペ風の引き締まったボディラインではなく、ゴリゴリカクカクのオフロードピックアップトラックといった感じでしょうか。欧州市場に媚びないところが好印象。
フロントフェンダーベントやプラスチック製のボディクラッディング(プロテクターパーツ)が装備され、よりオフロード感を強調しています。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプはラップアラウンドタイプのLEDスクエアを採用し、ディープカーゴベッドも確認できますね。

そしてこちらがエントリーモデルの「ストラーダ」。
フロントヘッドライトはLEDではなくハロゲンが採用され、更に2ドアタイプとかなり用途が限られたグレードになっています。

ただ、こういった感じで積載部分には専用カバーやバイクを積載(積載重量は1,354L)できるだけのスペースが設けられているので、運送向けにも結構活用できるのではないかと思います(普通に引っ越し用としても活用できそう)。

オフロードでのパフォーマンスとしては、車高が208mmと中々に高く、アプローチアングルが24°なので、ある程度の悪路はクリアできそうです。

~インテリアは一部先進的な装備を取り入れて実用性を向上~

インテリアはこんな感じ。
グロスブラックのアクセントが付いた本革巻きステアリングホイールが標準装備され、更にはデジタルディスプレイを備えるモダンなゲージクラスターも設定されているのはありがたいですね。
あとはAndroid Auto/Apple CarPlayに対応した7インチUconnectインフォテイメントシステムやWi-Fiシステムといった先進装備も充実しています。

シートデザインはかなり独特ですが、合成皮革とファブリックのコンビシートが標準装備。
特に体と密着するメイン部分にはユニークなデザインが施されているのがわかりますね。

最後に気になるパワートレインについてですが、ベースグレードは排気量1.4Lエンジン(最高出力88hp/最大トルク123Nm)、上位グレードには排気量1.3Lターボエンジン(最高出力110ps/最大トルク139Nm)が搭載されます。
トランスミッションは5速MTのみとなっていますが、オフロードモデルとしてはかなり楽しそうな一台ではないかと思います。

☆★☆フィアット関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう