アフィリエイトブログには必須のGoogleアドセンスに関する問合せ多数なので回答してみる。「4月はアドセンスのクリック単価が異常に少ない」「クリック単価を上げるにはどうしたら良いの?」

2020-05-27

~決算期が終了した4月はどうしてもクリック単価が低くなってしまう~

さて、なぜか最近当ブログにて非常に問い合わせの多いGoogle AdSense(グーグル・アドセンス)のアドセンス収益についてですが、当ブログでも広告を貼付しているのはGoogle AdSenseのみとなりますが、その中で2020年4月の時点で圧倒的に問い合わせが多いのが「4月のクリック単価低すぎませんか?」というもの。


~そもそもクリック単価が低い時期っていつなの?~

確かにこれまでの流れから見てみると、4月のクリック単価(eCPMの推移)は非常に低く、Googleが2020年3月末に特定のユーザー向けに公開していた「季節性のためのAdSense 収益向上施策シリーズQ&Aセッション」においても、Googleが公式に4月と8月、10月のクリック単価が非常に低く、その一方で3の倍数となる3月と6月、9月、12月はクリック単価が非常に高い傾向にあることをグラフにて説明していました。

これは決算時期やイベント(クリスマス、お盆)等の関係で、広告の競争率が高くなっていることから、必然的にクリック単価が向上しているとのことなので、「私だけがクリック単価が下がっているの?」「ポリシー違反で単価が下がった?」といった個人の問題ではなく、アドセンスを利用している人全体に影響していることなので、そこまで心配する必要はないと思います。

~もしかしたら例の社会問題による経済への悪影響も受けているかもしれない~

ただ、ここからは個人的な推測になるのですが、過去2~3年の4月に得られたクリック単価に比べて、2020年4月のクリック単価は確かにかなり下がっている傾向にあることから、やはり例の社会問題による影響も出ているのではないか?とも考えているため、仮に4月を乗り切ったからといって、5月にクリック単価が向上するのか?と言われると、100%向上するとも言えないのが正直なところだと思います(下手したら今よりも更に低くなる恐れもありますし…)。

クリック単価を上げるにはどうしたら良いの?

「それじゃあ、反対にクリック単価を上げる方法は何かないの?」という問い合わせもかなり多く来ているのですが、これについては具体的な方法は上げられないものの、Googleが推奨しているポイントとしては「ユーザーが一番時間を費やしているコンテンツの近くに広告を設置」するや「自動広告 モバイル全画面」を活用すること、あとこれは個人的に大きく収益向上につなげられている方法なのですが、SEO対策としているキーワードの近くにアドセンスを貼付することで、ある程度クリック単価を上げられていることも確認しました。

これについては各ユーザーのコンテンツによって左右されるものでもあるので、あくまで私の経験則でしか記載できないものの、何かしら効果が得られることや結果が出るかもしれないことについては、日々試行錯誤してみるのも良いかもしれません。

ただ、私のようにGoogleアドセンスの収益をメインに考えておらず、あくまでも趣味程度でしか運営していない立場からすると、ブログを本業として運営している方々の情報が圧倒的に信頼性は高いと思うので、今回私が上記に挙げたものは参考程度にしていただけたらと思います。

▽▼▽関連記事4選はコチラ!▽▼▽

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう