スズキディーラーにて、メルセデスベンツ「AMG GT R」のマットグリーンに仕上げたスズキ新型「スイフト・スポーツ」のコンプリートカーが販売中。価格は驚異の450万円

2020-05-27

~まさかスズキ・ディーラーにてこんな過激モデルが販売されているとは…~

スズキディーラーにて、何とも過激なスポーツモデル「スイフト・スポーツ(Suzuki Swift Sport)」が販売中。
こちらのモデル、現在スズキが販売している「スイフト・スポーツ」のカラーラインナップには設定されていないマット系のグリーンカラーにペイントされていますが、実はこのカラー、GReddyブランドを展開するトラスト(TRUST)が独自に取り寄せた、メルセデスベンツ「AMG GT R」の特別専用色”グリーンヘルマグノ”に塗装されたワンオフ仕様(画像を提供いただけたW様には心より感謝!)。

まさかグリーンヘルマグノに塗装された「スイフト・スポーツ」のコンプリートカーが登場するとは全く予想もしていませんでしたが、実際に「AMG GT R」にラインナップされているグリーンヘルマグノのオプション費用は1,112,000円ととても高額。

「スイフト・スポーツ」にてペイントされているグリーンヘルマグノは、ヘッドライトカバーも含めて全く同じ塗料でトップルーフがブラックに設定された2トーン仕様で約115万円ほどなので、工賃代も含めたら結構良心的なプライスなのではないか?と思ったりもしますね(それでもボディカラーで100万円超えはスーパーカークラス)。


~その完成度は非常に高く、とんでもないオーラを解き放っている~

リヤデザインはこんな感じ。
世界に一台しか存在しない特別なコンプリートカーなだけあって、その存在感はかなりのモノではありますが、それ以上にこのワンオフモデルを”スズキディーラー”で販売していることが凄いですね(厳密にはメーカー直系のディーラー販売ではないことに注意)。

更に色々調べ見ると、パワートレインは排気量1.4L 直列4気筒直噴ターボエンジンはそのままに、ECUセットアップなどにより最高出力200psへと向上していることも発覚。
カスタムパーツを装備したことでどれだけの車体重量へと変化したかは不明であるものの、パワーウェイトレシオ比では5未満になるとして、そのトータルバランスは非常に高そうですね。

なお、これだけの過激なカスタムを施して中古車販売価格は4,500,000円(税込み)。
「スイフト・スポーツ」ではかなりぶっ飛んだ価格設定ではあるものの、「AMG GT R」の最上位カラーに塗装され、おまけにエンジンチューニングや足回りの強化、フルエアロキットを装着してここまで落とし込んでいるので、マニアな方なら手に入れたい一台なのかもしれませんね。

~まさかスズキ公式がこんなにも過激なモデルを発表してくるとは…~

以前、タイにて開催されたタイ・モーターエキスポ2019にて、何とスズキが過激なコンプリートモデルとなる新型「スイフト”エクストリーム・スタイリッシュ”(Suzuki Swift Extreme Stylish)」と、特別限定モデルとなる「スイフト・GLスポーツ・エディション(Swift GL Sport Edition)」を世界初公開しました。

その見た目はまさにエクストリーム

まず、今回発表されたコンプリートモデル「スイフト”エクストリーム・スタイリッシュ”」から見ていくと、その名の通りベースとなる「スイフト」から大幅に変更された専用フロント・リヤバンパーが装着され、フロントヘッドライトカバー、そしてブラックのアクセントやダクト風パーツが設けられたフロントダクトが装備されることで、エクストリーム且つド派手なデザインへと仕上げられていますね(パッと見で、「えっ、これってスイフトなの?」と疑ってしまうぐらい)。

少し角度を変えてみるとこんな感じ。
何とボディカラーとは異なるブラックのオーバーフェンダーが装着され、更に足元には大口径アルミホイールとレッドのブレーキキャリパ、ローダウンされた専用スポーツサスペンションをインストールしています。

サイドのスタイリングはこんな感じ。
専用のサイドスカートも装着され、レッドのディテールアクセントがさり気なく追加されているのもオシャレ。
更にはシャークフィンアンテナやブラックのアクセントが効いたリヤウィングも装着しています。

リヤデザインはこんな感じ。
フロント同様にかなり個性的なリヤディフューザーやリヤバンパー、更には両サイドにはダミータイプのマフラカッターがインストールされていますね。

ちなみにプラットフォームは軽量タイプのHEARTECTを採用し、車体剛性が10%向上され、車体重量も15%軽量化。
ボディサイズは全長3,840mm×全幅1,695mm×全高1,500mmとコンパクトで、車幅も1,700mm以内に収めているのがスゴイですね。

なおパワートレインは、排気量1.2Lデュアルジェットエンジンを搭載し、最高出力83ps/最大トルク103Nmと結構控え目な設定となっています。

【Suzuki แนะนำ Swift ตกแต่งพิเศษ พร้อมอีโคคาร์หลากรุ่น ในงาน Motor Expo 2019】

☆★☆「スイフト」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう