韓国車とは思えぬほどに美しい。韓国・ジェネシス「GT70クーペ」が登場したら?フェラーリ「ローマ」やアストンマーティンを想起させる英国紳士的なスポーツモデルに【動画有】

2020-05-27

~何かとんでもないモデルが登場しそうな予感!~

韓国自動車メーカー・現代自動車(ヒュンダイ)の上位ブランドとなるジェネシスより、これまで「GV80/G80セダン」といったモデルがラインナップされ、まるでベントレーのような雰囲気とスポーティさ、更にはエレガンスさが追加され注目を集めていますが、今回未発表モデルではあるものの、2ドアスポーツクーペモデルの「GT70クーペ」が登場したら?という興味深いレンダリングが公開されています。

ジェネシスといえば、2015年に高級クーペセグメント「GT60/GT70/GT80/GT90」を商標出願しており、将来的にはコンパクト2ドアクーペからフラッグシップクーペまでをラインナップすることが期待されています(ちなみにGVモデルはSUVで、Gモデルはセダンを意味)。

今回公開されているレンダリングは、あくまでもデジタルアーティストによる予想レンダリングではあるものの、どことなくフェラーリ「ローマ」やアストンマーティン「DB11」辺りを意識したような、”英国紳士風のスポーツクーペ”に仕上げられ、とても美しくも筋肉質なボディラインとアグレッシブな顔つきに仕上げられています。


~本当にジェネシスからこんなモデルが登場したらクーペ市場に活気が付きそう~

レンダリング画像はこの一枚のみとなりますが、ジェネシスの特徴ともいえる逆三角形風のシールドグリルや特徴的なキャラクターライン、2ラインのLEDヘッドライト&ウィンカーが採用されています。
更に足元には、シングル5スポークタイプの大口径アルミホイールが装着され、ブレーキキャリパはレッド塗装とGTシリーズ特有の装備が期待できそう。

パワートレインは一切不明であるものの、「G70セダン」をベースにしているのであれば、ベースグレードは排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジン(最高出力255ps/最大トルク352Nm)を搭載し、高性能グレードともなれば排気量3.3L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載(最高出力370ps/最大トルク509Nm)することが予想されます。

ちなみにこちらがフェラーリの2ドアクーペ「ローマ」。
よ~く見てみるとボディ形状がそっくりというか…そのままのような…。
もしかしたら「ローマ」ベースでフロントマスクをジェネシスのデザインに置き換えただけのレンダリングなのかもしれませんね。

【제네시스 GT70, 이렇게 나오려나?(자막 지원)】

☆★☆ジェネシス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう