ホンダが全く新しいサブコンパクトSUV「ZR-V」を商標登録!トヨタ/ダイハツ新型「ライズ/ロッキー」並みのサイズ感を持つお手頃モデルに?

2020-05-27

~トヨタに倣ってホンダもクロスオーバーのラインナップ拡大を図る?~

インド市場にて販売を手掛けるホンダ・インディアが、これまで同社がラインナップしてきた「CR-V/BR-V/WR-V」とは異なるエントリーサブコンパクトクロスオーバー「ZR-V」を商標登録していたことが明らかとなりました。
新型「ZR-V」は、20代を中心としたミレニアル世代をターゲットにしたリーズナブルでコンパクトなモデルになると言われていて、インドなどの新興国市場や日本市場での販売を計画しているとのこと。

具体的なボディサイズとしては、トヨタ/ダイハツ新型「ライズ(Toyota RAIZE)/ロッキー(Daihatsu Rocky)」(インド市場であれば日産「マグナイト(Magnite)」)といった全長4,000mm未満のAセグメント・5ナンバーSUVになる可能性があり、競合モデルとしては必然的に先述のモデルになるわけで、価格帯も200万円以下からのスタートとしながらも、安全装備なども充実したお得な一台になると言われています。


~プラットフォームは旧世代モデルからの流用?不明な部分も多ければ不安要素も多い?~

こちらが「ZR-V」の商標登録が完了した資料。
あくまでも名称のみで、外観などは明確になっていないものの(新型「フィット4」のようなキュートなフェイスも期待したいが…)、グローバルモデルの「アメイズ」に採用されるプラットフォームを流用する可能性があり、コストもそれなり抑えられたものになるのではないか?とのこと。

競合モデルとなるであろう新型「ライズ」はどういったモデルか?

なお参考までにですが、トヨタ新型「ライズ」のボディサイズは全長3,995mm×全幅1,695mm×1,620mmと5ナンバーギリギリのクロスオーバースタイル。
今まで有りそうで無かった一台ですが、日本市場ではとにかく大人気のモデルで、現在も生産が間に合わず受注がストップしている程。

ダイハツ新型「ロッキー」のOEMモデルとなるため、プラットフォームはDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用しますが、ボディ剛性や乗り心地、走行性能は非常に高い一台。

パワートレインも排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンを搭載するため、低排気量ながらも公道ではあまり非力さを感じず、個人的にはかなりコストパフォーマンスに優れたモデルではないかと考えています。

恐らく、ホンダ「ZR-V」もこれに倣うスペックになることが予想されますが、もし日本でも市販化されるのであれば、170万円~210万円(2WDの場合)にて販売してくるのではないかと予想されますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう