これがホンダの1リッター&5ナンバーSUVとなる新型ZR-V?ヴェゼル風のアグレッシブフェイスに新型フィット4のような奇抜2トーンカラーに

2020-05-27

スポンサーリンク

~これで国内市販化された「ライズ/ロッキー」は負けるかもしれない~

さて、先日より何かと話題となっているホンダの新世代エントリーSUVモデル「ZR-V」。
まだ確定した情報ではないものの、トヨタ「ライズ(Toyota New RAIZE)」やダイハツ「ロッキー(Daihatsu Rocky)」といった排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンを搭載し、更にボディサイズとしては全長4,000mm未満となる5ナンバーSUVとして、インド市場などの新興国や日本市場にて登場するとの噂が浮上しています。

具体的なデザインについてはまだまだ明らかになっていませんが、今回新型「ZR-V」が登場したらこうなる?というレンダリングが公開されているので、早速そのデザインをチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

~デザインベースは「ヴェゼル/CR-V」?~

今回レンダリングを作成したのは、自動車専門のデジタルアーティストであるKleber Silva氏で、これまでのホンダのデザインの方向性を集約させての”現実的な”イメージレンダリングだそうです。

ボディサイズとしては、5ナンバーSUVということもあって全長4,000mm未満×全幅1,700mm未満×全高1,650mm未満だと思われますが、それ以上のボディサイズに見える程のスポーティさとアグレッシブさで、フロントフェイスも「ヴェゼル(Vezel)/CR-V」のデザインを上手く取り入れているように感じますね。

中国市場専売モデルとなる「UR-V」等のデザイン言語も含んでいるかと思いますが、さすがに新型「フォット4(FIT4)」の柔らかい印象ではない感じ。

ただ、とてもスポーティなブルーのボディカラーに、Aピラーに沿うようなオレンジのアクセントカラーは、新型「FIT4」のNESSグレードにあるアクセントにそっくり。

ちなみに「フィット4」NESSグレードの2トーンはこんな感じ。

~リヤデザインもかなりスポーティ~

こちらはリヤデザイン。
ちょっとホンダ車とは思えぬほどのカッコよさと言いますか…シンプルにこのデザインで市販化したら売れそうな気がしますね。

リヤテールランプはブーメラン形状でエッジが効いていますし、ルーフスポイラーやフィン形状付きのリヤディフューザーも凄くアグレッシブ。
そして両サイド2本出しとなるクワッドエキゾーストフィニッシャなど、カスタム不要なまでのカッコよさを備えているのではないかと思います。

なお自動車情報誌ベストカーの情報によれば、エンジンベースは欧州仕様の「シビックSi(Civic Si)」やタイ市場向けの新型「シティ(City)」に搭載される排気量1.0L 直列3気筒VTECターボエンジンをすると言われていて、価格帯は100万円台からとのことですが、上のようなレンダリングは上位グレードがベースになっていると思うので、オプションも含めたら300万円近くまでいくのではないかと思います。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Behance

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう