首都高速道路を暴走するスポーツカー達を阻止?パトカーが”暴走族以上に”過激な中央車線を跨いで通せんぼする動画が大きな話題に【動画有】

2020-05-27

スポンサーリンク

いわゆる首都高を暴走する”ルーレット族”的なクルマたちを阻止するためのパトロールのようだが

さて、以前何かと話題となった首都高速道路を暴走するスポーツカー/スーパーカー/改造車が大きな話題となっていましたが、例の社会問題による緊急事態宣言が解除されたあとでも、やはり首都高を暴走するケースは少なくないそうで、そういった暴走を食い止めるためのパトカーの運転が大きな話題となっています。

一時期メディアが取り上げた「ルーレット族」と呼ばれる、首都高速道路を異常なスピードにて暴走する集団をピックアップしていましたが、実はメディアが取り上げる程の暴走をしていなかったのも事実。

メディアの偏向報道による悪質な操作も話題にはなっていましたが、いずれにしても高速道路を暴走するというのは非常に危険な行為であることは間違いないので、そういった車を取り締まる意味でも、こうして中央線を跨いで走行しているのでしょうね。

スポンサーリンク

”スポーツカーっぽいモデル”が登場したら中央線を跨ぎ、普通のコンパクトカーなどが登場したらスルー

ちなみに、当時この瞬間を撮影していた人物の情報によると、パット見スポーツカーのような車が走行している場合は、上のように中央線を跨いで追いかけないようにし、それ以外の”普通のクルマ”は追い越しさせているそうなのですが、まさか警察が”クルマの見た目の判断”だけでこのような対応をするというのはちょっと信じがたいものがありますね。

※トヨタ・プリウス/アクアなどのようなハイブリッドモデルやコンパクトカーは特に妨害はしていなかったそうです

なおぱっと見スポーツカーっぽいモデルとしては、現行モデルでいえば、トヨタ86やスバルBRZ、スバルWRX STI、ホンダ・シビック・タイプR、レクサスGS F/RC Fなどが挙げられますが、こういったモデルというだけで特に飛ばすつもりもないのに、見た目の判断だけで通せんぼ状態というのはちょっと残念な対応だなぁというのが正直なところですね・

何か緊急事態で少し急いでいる車両に対しても、同様のことをしているのであれば、それは明かな妨害になるでしょうし、このあたりの警察の考え方はどういったものなのかは気になるところです。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう