トヨタが発表直前にフルモデルチェンジ版・新型シエナのティーザー動画を公開。テールランプはワイド化されシーケンシャルを採用?【動画有】

2020-05-27

2車種の1車種は新型シエナであることが確定に

トヨタは2020年5月18日(日本時間では5月19日の午前0時)、全く新しハイブリッドシステム(プラチナム・ハイブリッド)を採用した新型車を2車種発表することを明らかにしていますが、(2車種の内の1車種が)発表直前にフルモデルチェンジ版・新型ミニバン・シエナ(Toyota New Sienna)であることが判明し、ティーザー動画も突如公開されています。

今回ティーザー動画にて公開されているのは新型シエナのリヤエンドで、トヨタエンブレムはハイブリッドモデルを意味するブルーのデザインが追加され、更に現行カムリ(Camry)同様に、センターエンブレムの真下に””SIENNA”のバッジを貼付しているのが確認できますね。


新世代TNGAを搭載する新型シエナには、どんなハイブリッドシステムが搭載される?

ちなみに新型シエナに採用されるプラットフォームは、新世代TNGAになることが決定しているものの、具体的にどの車種と共有されるかまでは明らかになっておらず、もしかすると新型ハリアー(New Harrier)やRAV4などに搭載されるGA-Kプラットフォームを共有する可能性が高そうですね。

そしてパワートレインについても明らかになっていませんが、これももしかすると新型ハリアーなどに採用される排気量2.5L 直列4気筒ダイナミックフォースエンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムの可能性が高そう。

駆動方式については、前輪駆動(FF)/四輪駆動(E-Four)の両方がラインナップされる予定となっています。

ウィンカーは点滅式ではなくシーケンシャルを採用する?

そしてこちらがリヤテールランプ。

現行モデルに比べてワイド感がありますが、ウィンカー部分もワイドであることから、もしかすると点滅式ではなく流れるタイプのシーケンシャルウィンカーの可能性も高そう。

そしてリヤテールランプハウジング周りにはブラックのアクセントが入っいますね。

このブラックのアクセントがそのまま市販モデルに適用されるのかはわからないものの、結構立体的なスタイリングになることが期待されます。

なお今回発表予定の新型シエナは、2020年秋ごろに発売される予定とのことですが、一方のハイブリッドモデルは全く不明のため、どういった個体なのか非常に気になるところです。

Toyota Spring New Product Showcase

☆★☆トヨタ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう