マイナーチェンジ版・ホンダ新型WR-Vの実車が完全リーク。ワイド&ボリューミーで新興国向けっぽい、フィット4クロスターっぽい雰囲気も

2020-05-27

スポンサーリンク

より立体感とキャラクター感が増した新型WR-Vが完全リーク

インド市場向けに発売されているホンダ・フィット(Honda FIT)ベースのSUV版となるWR-Vですが、このモデルのマイナーチェンジ版が完全リークしています。

発売時期については明らかになっていないものの、2020年中~後半に登場するようですが、なぜか一般人によってその姿が明らかになっています。

早速新型WR-Vのフロントマスクを見ていくと、フロントヘッドライトが元々ハロゲンだったものが、単眼のプロジェクタ式となるLEDを採用し、更にフロントのラジエーターグリル部分もVモーションのようなフレームが用いられダイナミックな顔つきになっていますね。

フロントエンブレム周りのシルバーメッキや、フロントロア部分のスキッドプレートはそのままながらも、全体的に見てみるとそこまで大きな変化は無いものの、やはりヘッドライトがLED化するだけで立体的な表情に変化するのは大きいと思います。

その他にも結構評価の高い変更も施されている、以下の次のページにてチェックしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう