ホンダ新型シティ・ハッチバックの開発車両が初めて目撃に。ベースがフィットということもあり、リヤデザインはそのまんまフィット

遂に初めて新型シティ・ハッチバックの開発車両が登場

2019年にタイ市場向けにて発表・発売されたホンダのフルモデルチェンジ版・新型シティ・セダン(Honda New City、日本名:グレイス)ですが、以前このモデルをベースにしたハッチバックスタイルの特許画像が完全リークしていました。

そして今回、遂に世界初となる新型シティ・ハッチバック(New City Hatchback)の開発車両が目撃されています。

新型シティは、フィット(FIT)をベースにしたコンパクトモデルでもありますが、今回の新型シティ・ハッチバックは、そのまんまフィットに寄せたかのような丸みのあるボディを採用していて、恐らく一部向けに新型フィット4の代替として販売することが考えられています。

ちなみに全く新しいモデルということもあってか、ボディ全体にカモフラージュが施され、一部のみリヤテールランプが見えるぐらいですが、さすがにこの角度からではどういった形状のリヤテールランプなのかはわからないレベルですね。


意外にもセダンタイプとは少し顔つきが異なる可能性も?

少し見づらいですが、こちらが新型シティ・ハッチバックのフロントマスク。

現行シティと同じアグレッシブな顔つきとなり、新型フィット4のような柴犬をイメージしたマイルドな顔つきとは全く異なる方向性であることがわかりますが、フロントエンドがグリルレスのようにも見え、もしかするとセダンタイプとは少し顔つきが異なる可能性も高そう。

ちなみにこちらが、新型シティ・セダンのフロントマスク。

フロントエンドのグリルレスバンパーが、ブラックに塗装されていたので分かりにくかったですが、こうして見るとデザイン言語はある程度共通化されそうですね。

完全リークした新型シティ・ハッチバックの特許画像も見ていこう

ちなみにこちらが、以前完全リークした新型シティ・ハッチバックの特許画像。

セダンタイプ同様に引き締まった顔つきで、グリルレスバンパーの直下にさりげなくグリルを設けるところは、ちょっと新型フィット4に倣う部分がありそうですが、フロントインテークは結構大口化されていますね。

こちらがリヤプロファイル。

セダンタイプと大きく異なるところとしては、そのボディスタイルとハッチバック用のリヤテールゲートを採用しているところぐらいでしょうか。
それ以外のU字型を採用したテールランプのデザインはほぼほぼ同じだと思われます。

パワートレインは市場に合わせて2種類をラインナップ予定

気になるパワートレインですが、今のところセダンと同様に排気量1.0L 直列3気筒VTECターボエンジンを搭載する予定ですが、最高出力122ps/5,500rpm、最大トルク173Nm/2,000rpm~4,500rpmを発揮するとのこと。

また一部の市場においては、排気量1.5L 直列4気筒i-VTECエンジン(最高出力115ps/最大トルク145Nm)をラインナップするところもあるそうなので、その市場に合わせたグレードが展開されることになりそうです。

☆★☆ホンダ新型「シティ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう