えっ、これがトヨタ・カムリ?!見た目BMW・M5コンバーチブル(E60)に改造された奇妙なレプリカモデルが約80万円にて販売中

確かに違和感はあるものの、ベースがトヨタとは思えない

アメリカ・ケンタッキー州のウィンチェスターにある中古車ショップにて、BMW・M5コンバーチブル(E60型)?と思われるも何とも奇妙なモデルが販売されています。

フロントマスクやフロントフード、足回りからボディスタイルとかなり違和感のある個体ですが、実はこのモデル、BMW・M5コンバーチブルではなく、トヨタ・カムリ・ソラーラ(Toyota Camry Solara)をベースにした改造(レプリカ)モデルとのこと。


そもそもカムリの2ドアコンバーチブルが販売されていたことも驚き

ぱっと見では、とてもトヨタをベースにしたモデルとは思えない程の仕上がりですが、カムリ・ソラーラは北米市場をメインに販売していたカムリの2ドアコンバーチブルモデルとなります。

当時は、カムリ・クーペ/コンバーチブルが北米市場にて販売され、それをベースに日本市場でもセプター・クーペが販売されましたが、あまりにも売れなさ過ぎて2009年に販売終了となった一台でもあります。

そんなカムリ・コンバーチブルベースのM5コンバーチブルですが、フロントバンパーを移植するための専用キットや、シルバー・ホワイト・レッドといった不思議なカラーアクセントを追加し、更にはアフターパーツメーカーの5スポークアルミホイールを装着していますが、そのカスタム費用は約38万ぐらいとのこと。

インテリアはこんな感じ。

確かにスタリング中央にはToyotaのエンブレムが貼付されていますね。

ボディカラーと同じグレーとホワイトのバイカラーを採用するレザーシートを取り込み、フロアマットや通気口にはレッドのアクセントを追加することにより、外観と同じ色合いに設定しています。

一体誰が購入するのかはわからないものの、質感はそこまで悪い感じではなく、寧ろコンディションは非常に良いそうです。

エンジンベースはカムリ・ソラーラと同じV6を搭載

エンジンカバーにもしっかりとToyotaのエンブレムが採用されていますが、その手前にあるキドニーグリルが何とも違和感。

ちなみにパワートレインは排気量3.3L V型6気筒エンジンを搭載するもエンジン出力は不明で、エンジンチューニングを施している可能性があるとの情報も。

気になるその価格帯ですが、カスタム費用なども全て含めて約81万円からとのことで、しかしこのモデルを安いと感じるのか、高いと感じるかは個客次第。

カムリ・ソラーラの存在を知る北米市場ではちょっと恥ずかしい一台かもしれません。

☆★☆レプリカ・改造モデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS