フルモデルチェンジ版BMW新型4シリーズ・クーペが発表直前に完全リーク!巨大”キドニー”グリルというよりも、別の”何かの”巨大グリル?

ここまで来たらリークというよりも発表を早めたことにしておきたい

いよいよ日本時間の2020年6月3日(水)午前1時に、BMWのフルモデルチェンジ版・新型4シリーズ・クーペ(BMW New 4 Series Coupe G22)が世界初公開されますが、やはり発表直前にプレスリリース予定となっていた画像が完全リークしています。

ここまで来るともはや隠す気力も無さそうなBMWですが、これまでリークされてきた画像の通り、フロントにはBMW史上最大クラスとなる超巨大キドニーグリルが採用されているのが確認できますね。

キドニーグリルではなく、グリル同士を紡ぐスピンドルにも見える?

ちなみに真正面から見てみるとこんな感じ。

それぞれのグリルが独立する感じではなく、左右同期型として採用されていますが、ここまで来ると”キドニーグリル”というBMW独自のアイデンティティではなく、レクサスのスピンドルグリルのようなグリル同士を紡ぐタイプの全く新しい巨大グリルのように見えますね。

それ以外のU字型タイプとなるLEDデイタイムランニングライトや、二眼タイプのLEDヘッドライト、更には大口化されたフロントインテークベゼルのデザインは上手くまとめられているため、全体的なバランスで見てみると「意外とそこまで悪くないんじゃない?」と思える程。

ただ、これはあくまでも欧州市場向けの細長いナンバープレートを装備した場合であって、日本市場向けのナンバープレートを装着した場合にどれだけ印象が異なるのかは気になるところですね。

この他リヤデザインやインテリア、そしてパワートレイン等の詳細情報は以下の次のページをチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう