【限定1,500台】(米)トヨタ新型カローラ・ハッチバックの特別仕様車Special Editionが世界初公開!ボディカラーはレッドの一色のみ、ブラックアクセントでヴィジュアルもアップデート!

北米市場でもカローラ・ハッチバックの特別仕様車が登場するようだ

トヨタは先日、日本市場向けに新型カローラ・スポーツ(Toyota New Corolla Sport)の一部改良モデルと特別仕様車”Style Package”を発表・発売スタートしましたが、今度は北米市場向けとなる新型カローラ・ハッチバック(New Corolla Hatchback)をベースにした特別仕様車”Special Edition(スペシャル・エディション)”を世界初公開しました。

今回発表された特別仕様車は、以前より度々噂されてきた排気量1.6L 直列3気筒ターボエンジン&四輪駆動(AWD)を搭載した新型GRカローラではなく、従来モデルよりもスポーティで引き締まったスタイルとするためにブラックのパーツを加味した特別な一台に仕上げられています。


しかも販売台数は1,500台に限定され、ボディカラーはレッドの一色のみ

しかも販売台数は1,500台と限定されており、ボディカラーもスーパーソニックレッドの僅か1色のみというのも驚き。

その他の特別装備としては、18インチの専用ブラックアルミホイールを装着し、通常のクロームアクセントパーツをブラックトリムに加飾し、サイドスカートやフロントスプリッター、ルーフスポイラーも全てブラックにペイントすることで全体的に引き締まった印象を与えていますね。

そしてリヤテールゲートには、”Special Edition”の専用バッジも貼付されているため、より一層の特別感が増しています。

気になるパワートレインについてですが、排気量2.0L 直列4気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力168hpを発揮。

トランスミッションはCVT/前輪駆動(FF)が標準装備となりますが、オプションにて6速MTの設定も可能になっているそうです。

発売時期については明確に決定していないものの、今のところ2020年夏頃を予定しているそうで、価格帯もこの時期に明らかになるのではないかと思います。

☆★☆カローラ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Rerference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう