フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーの実車レビューが続々と公開!更に鮮明となったインプレッション動画をチェックしていこう【動画有】

ようやく新型ハリアーの実車インプレッション動画が増えてきた!

2020年6月17日に発売スタート予定となっているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ハリアー(Toyota New Harrier)ですが、前回実車(プロトタイプ)を日本最速レビューした動画が公開されたものの、今回別のYoutuberもレビュー動画を公開しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回この動画を公開しているのは、自動車系YoutuberのYUSA LOVE CARトヨタSUVミニバンさんで、撮影場所も以前同様にトヨタ本社の技術本館にて特別展示されたもの。

撮影自体も特に問題ないとのことで、おそらく事前に訪問する旨を連絡すれば、誰でも入館して撮影できるのかもしれませんね。

まずは新型ハリアーの外観をインプレッションしていこう

今回は更に鮮明さが増した新型ハリアーのレビュー動画となっていますが、ボディカラーは前回同様に新色となるプレシャスブラックパールで、従来のコード202のブラックとは異なる3レイヤーで、オプション費用も55,000円と非常に高額。

上の画像でもお分かりの通り、光の当たり方によって光沢具合が変化するのも特徴的ですね(ただこういったブラック系の手入れはとにかく大変そう)。

そして新型ハリアーの大きな特徴でもある鋭いフロントヘッドライトと、L字型を連ねるデイタイムランニングライト(ターンシグナルランプ兼用)でアグレッシブさと高級感を両立しています。

足もとのアルミホイールはこんな感じ。

グレードは上位のZということで、19インチの大口径アルミホイールを装着しています。

ちなみに上の画像にもある通り、左からエントリーグレードのS、真ん中が中間グレードのG、そして右側が上位グレードのZとなり、それぞれに17インチ/18インチ/19インチと異なるサイズのタイヤ・アルミホイールを装着しています。

トヨタは今後”一文字”タイプのリヤテールを積極的に採用していく?

こちらはリヤデザイン。

グローバルモデルを意識した一文字タイプのリヤテールランプを採用しています。

トヨタは恐らく、今後こうした一文字タイプのリヤテールランプを積極的に採用していくと思われ、2020年6月10日にオンラインプレミア予定となっているビッグマイナーチェンジ版・レクサス新型ISも同様の(ちょっとユニークな)一文字型のリヤテールを採用しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

こちらはトップルーフ。

残念ながらプロトタイプモデルには、Zグレード以上にて設定可能な調光パノラマルーフ(税込み198,000円)は装備されていないようですね。

こちらはリヤロアバンパー。

そして何かと評判の悪いリフレクター上部に設けられたリヤウィンカーも確認でき、こちらはスタイリッシュにまとめられたマフラーカッター込みのデュアルエキゾーストパイプもインストールされています。

気になる新型ハリアーのインテリアインプレッションは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう