ウィンカーそこなのね…マクラーレン最新のスポーツシリーズと思われる開発車両が目撃に。V6ハイブリッド搭載で年内の登場も期待できる?

こういった状況だからこそマクラーレンも攻めの姿勢を忘れない

昨今の諸事情により、マクラーレングループも大きな打撃を受けたとして約1,200人ものリストラ計画を発表したばかりですが(第一四半期は300台以上を売り上げている)、そんなマクラーレンより発表予定となっている次世代スポーツシリーズの開発車両が目撃されています。

2020年後半ごろに登場予定となっているマクラーレンの次世代スポーツシリーズですが、570Sの後継モデルとしてスタイリッシュでコンパクトなボディを維持しながらも、EVシステムを搭載することによりスーパーシリーズ並みのパワーを持つことが期待されています。

そんな次世代モデルには、ダウンサイジング化されたV型6気筒ツインターボチャージャーエンジン+電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムが採用される予定となっていて(バッテリーのみでの航続可能距離は32kmと言われている)、このシステムにマッチした新世代プラットフォームを利用することにより、更なる走りの質感向上と剛性アップ、そして最大限の軽量化が計画されています。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう