次期V6ハイブリッド?マクラーレンが新たな商標として「セイバー(Sabre)」を出願していたことが判明。今後数字を用いた名称は廃止か

遂に次世代V6ハイブリッドモデルの名称は「セイバー」になる?

以前よりマクラーレンのスポーツシリーズで次期V6ハイブリッドシステムを搭載する予定の開発車両が目撃されてきましたが、今回新たな動きとして米国商標特許庁に新名称となる「Sabre(セイバー)」を、2020年6月10日に商標出願していたことが明らかとなりました。

こちらが実際に商標出願されている「MCLAREN SABRE」(ホームページはコチラ)。

この「セイバー」という名称が、次期スポーツシリーズに採用されるかはわからないものの、今後マクラーレンは、P1(Position 1)/765LT/720S/675LT/650S/600LT/570S(GT)/540Cといった数字(主に馬力)を用いた名称を廃止する可能性があり、マクラーレン・セナ(McLaren Senna)やGTを皮切りに、個性的な名称を積極的に取り込んでいくのではないかと予想されます。

気になる次期モデルのデザインやスペックなどは以下の次のページにてチェック!