トヨタ新型カムリにステーションワゴンが登場したら?セダンよりもスタイリッシュで欧州市場では結構ウケるかも?

意外と市販化されていないカムリ・ワゴン

トヨタのミドルサイズセダンとなるカムリ(日本市場ではWSグレード)を、ステーションワゴンもしくはシューティングブレーク風にしたら?というレンダリングが公開されています。

新世代TNGA-K(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を搭載する新型カムリですが、意外にもこの種のプラットフォームを使ったステーションワゴンはトヨタからラインナップされておらず、改めてこうしたレンダリングを見てみると、「カムリでもワゴンモデルを発売すれば良いのに…」と思えるほどに完成度は高め。

残念ながら、今回の完成予想レンダリングは非公式となるため、実際に市販化される予定はないものの、オフロードモデルとまではいかずとも若干のリフトアップに加えてプラスチック付きとなるフェンダーモールアーチ、さりげなくスポーティ性を高めたエアロパーツ(上の画像を見る限りサイドスカートやウィングレット等)が装着されているのもクールで良い感じ。

カムリ・ワゴンが登場した時の競合モデルは?過去にカムリからワゴンモデルが販売されていた?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう