ここまでの発想はできなかった…マツダRX-Vision×ポルシェ918スパイダーをミックスしてみたら?全く新しいロータリーPHV搭載で向かうところ敵なしか

マツダとポルシェの技術が組み合わさったら、とんでもないスポーツモデルが誕生するのでは?

過去これまで何度も公開されてきたマツダの次世代ロータリースポーツモデルRXビジョン・コンセプト(Mazda RX-Vision Concept)。

今回は遂に、このモデルとポルシェが世界限定918台販売したプラグインハイブリッドハイパーカー・918スパイダー(Porsche 918 Spyder)をミックスしたら?というレンダリングが公開されています。

今回レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストでお馴染み@carlifestyle氏で、RXビジョンの特徴的なデザインと空力特性、更には918スパイダーの個性的なボディスタイルを上手くブラッシュアップ。

そして最も注目したいところは、(実際は難しいかもしれないが…)マツダの次世代SKYACTIV-R(スカイアクティブ・ロータリー)エンジンと918スパイダーのプラグインハイブリッドシステムを組み合わせたロータリーPHVを併せ持つ究極の軽量スポーツモデルになるとのことで、何とも夢のあるレンダリングではないかと思います。


意外にもマツダとポルシェのデザインはマッチしているかもしれない

改めてRXビジョン×918スパイダーのブラッシュアップレンダリングを見ていきましょう。

フロントマスクには、マツダのデザイン言語でもある「魂動デザイン」を採用し、メッシュグリルとシグネチャーウィングでスポーティさを加味、アグレッシブで切れ長なフロントヘッドライト、そしてカーボンファイバ製のフロントスポイラーを装着することで更に過激さが向上していますね。

一方でサイドドアパネルやリヤフェンダーダクト、サイドスカート、カーボンファイバー製リヤウィングは918スパイダーの要素を上手く取り込んでいます。

足もとにはシングルスポークタイプのセンターロック式となる鍛造アルミホイールとラジアルタイヤを装着し、ホイールハウスとのクリアランスはほとんど無しといったところでしょうか。

そして気になるパワートレインについては、明確なスペックは明らかになっていないものの、システム総出力1,000hp以上を発揮しつつ、ロータリーエンジン特有の軽さを活かしてトータルバランスを向上させることは間違いなく、パワーウェイトレシオ比1に近い数値を得るのではないか?とのこと。

現実的に可能なのかは不明ですが、どのレンダリングよりも夢のある作品ではないかと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

RX-Vision mixed with 918. Thoughts? @carlifestyle #carlifestyle #918 #rx7

CarLifestyle(@carlifestyle)がシェアした投稿 –

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう