これは酷い…スズキ・ハスラーを運転する高齢ドライバーが居眠り運転で「妊婦を乗せた車両」に追突事故。中国にて500kmぐらいしか走行していないロールスロイス・カリナンが大破

この事故を回避することは不可能

栃木県・那須塩原にて、マツダMPVを運転していたところ、後続から走行してきたスズキ・ハスラー(Suzuki Hustler)に追突される大事故が発生。

後続を走行するハスラーの動きを見てみると、センターラインをはみ出して走行していることが確認でき、明らかに普通ではない怪しい動きをしていることがわかります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

その後、大雨で路面がスリップしやすい状況でハスラーが猛スピードにて急接近してきます。

何とそのままMPVに追突するというとんでもない展開に。

ハスラーは完全にエアバッグが展開しているのが確認できますね。

ちなみにMPVの車内には、お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんも乗っていたとのことで、妊婦さん含め体の状態がとても心配。

産婦人科にて検査した結果、奇跡的に母子ともに何も問題は無かったとのことですが、あれだけのスピードにて追突してきて、更には大雨で路面が滑りやすい状況だったので、最悪の場合も想定できたわけです。

ドライブレコーダーにて記録された事故の瞬間の動画と、中国にて発生した僅か500kmほどしか走られていないロールスロイス・カリナンの事故画像は以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう