2020年7月15日に初公開予定となっている日産・新型アリアの情報と画像が完全リーク。何と0-100km/h加速時間は5.1秒!

2020-07-15

アリア・コンセプトと同じ完成度の高すぎるエクステリアデザインに

そしてこちらが、量産モデルと思われる新型アリアのリーク画像。

ボディカラーは、これまで公開されてきたティーザー動画同様にゴールド系にペイントされ、Aピラーからトップルーフにかけてはブラックにペイントされた2トーン仕様となっていますね(おそらくこの組み合わせがイメージカラーになると思われる)。

こちらが、2019年10月の東京モーターショーにて世界初公開されたアリア・コンセプト(Ariya Concept)。

ほぼほぼ量産モデルと同じデザインと言いますか、ホイール以外は異なるデザインがほとんど見当たらないほどにキープコンセプトで、日産が今回どれだけ新型アリアに力を入れているのか、どれだけ開発コストをかけているのかがしっかりと伝わってくるレベルだと思います。


新型アリアでは”e-4ORCE”技術も採用

新型アリアでは、前回のティーザー動画でも公開された通り”e-4ORCE(イー・フォース)”と呼ばれる新技術を採用。

おそらくe-POWERとは異なる、日産の新たな電気自動車(EV)の技術の一つだと思うのですが、もしかすると四輪駆動(4WD)システムとEVを組み合わせた日産ならではの造語ではないかと予想していて、これまた今までになく期待の持てる技術になると思います。

なお、これについて新型アリアの開発責任者である福田真人 氏によれば、この技術は「魔法のフライングカーペット」と表現しているそうで、どのような地形でも安定した走りを提供できることを示しているのだと思いますが、その走破性の高さもどれだけあるのか非常に気になるところですね。

新型アリアのスペックは?

気になるパワートレインについてですが、大きくは65kW/90kWの2種類がラインナップされるとのことで、それぞれに2WD/4WDが設定されるとのこと。

なお各バッテリー容量を搭載してのスペックは以下の通り。

【新型アリアのスペック一覧】

[65kW仕様]
システム総出力:218ps(2WD)/340ps(4WD)
最大トルク:300Nm(2WD)/560Nm(4WD)
0-100km/h加速時間:7.5秒(2WD)/5.4秒(4WD)
航続可能距離:最大450km(2WD)/最大430km(4WD)

[90kW仕様]
システム総出力:242ps(2WD)/394ps(4WD)
最大トルク:450Nm(2WD)/600Nm(4WD)
0-100km/h加速時間:7.6秒(2WD)/5.1秒(4WD)
航続可能距離:最大610km/最大580km(4WD)

上のスペックを見てもお分かりの通り、最上位グレードになるであろう90kW仕様の4WDになると、0-100km/hの加速時間が5.1秒、60kW仕様の4WDでも5.4秒となるため、トヨタ新型RAV4 PHVの0-100km/h加速6秒を優に上回ることになります。

参考までに、トヨタ新型RAV4 PHVのスペックは以下の通りとなっています。

【トヨタ新型RAV4 PHVのスペック一覧】

パワートレイン:排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モーター
システム総出力:306ps
0-100km/h加速時間:6秒
EVのみ航続可能距離:95km
WLTCモード燃費:22.2km/L


新型アリアの充電/安全装備は?

気になるバッテリー充電についてですが、これについては最大130kWの急速充電にも対応していて、30分で最大375km分の充電が可能になるそうです。

安全装備については、新型V37スカイライン(New Skyline)にも設定され、後のフルモデルチェンジ版・新型ローグ(New Rogue)/エクストレイル(New X-Trail)にも設定されるプロパイロット2.0が標準装備となり、ハンズオフ機能による高速道路でのドライビングアシストを提供する予定となっています。

新型アリアのボディサイズは?

そして新型アリアのボディサイズについては、全長4,595mm×全幅1,850mm×全高1,655mm、ホイールベース2,775mmと、コンセプトモデルの全長4,600mm×全幅1,820mm×全高1,630mm、ホイールベース2,705mmに比べて全長はー5mm/全幅+30mm/全高+25mm/ホイールベース70mmとなっています。

新型アリアの価格帯はどうなる?

コンセプトモデル

気になる価格帯についてですが、どうやら500万円~からとのことで、グレード構成については不明。

ただ、個人的な予想としては600万円以上になると踏んでいただけに、それよりも100万円も安く設定してきのはおどろきです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

صورة مسربة لسيارة نيسان آريا كروسوفر الكهربائية الرياضية ذات الاداء العالي رباعية الدفع النسخة الإنتاجية .. آريا قادرة على الوصول إلى ١٠٠ كيلو متر في الساعة خلال أقل من ٥ ثواني وقادرة على قطع مسافة ٤٨٥ كيلو متر لكل شحنة واحدة.. وستظهر آريا بالنسخة الانتاجية خلال الشهر الحالي كموديل عام٢٠٢١. Nissan Ariya EV production version leaked..set to debut tomorrow Nissan Ariya powered by two electric motors that give it four-wheel drive. The battery pack has been fettled for increased energy density – a range of around 300 miles is claimed – and to enable more efficient packaging. #ariya #nissanariya #nissanariyacincept #nissanimx #imx #imxconcept #nissan #nissanleaf #newleaf #teslax #modelx #teslamodelx #tesla #teslas #teslamodels #modelx #teslamodel3 #model3 #tesla3 #electriccrossover #electricsuv #ev #electriccar #electriccars #renaultzoe #bolt #nissanleaf #tms2019 #nissannext #nissanpavilion

Nissan Arabia(@nissanarabia)がシェアした投稿 –

☆★☆アリア関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Nissan

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう