フルモデルチェンジ版・トヨタ新型MR2はこうなる?新型GR86/GRスープラに比べてレトロデザインながら、シングルモーター搭載のMHVに?

排ガス規制でエコカーが主流になっている時代、トヨタはいつまでも攻めの姿勢を忘れないでほしい

2021年4月5日に世界初公開されたトヨタのフルモデルチェンジ版・新型GR86/スバル新型BRZですが、このモデルが登場する一方で、新たにもう一台スポーツモデルが登場すると噂されているのが次期MR2。

▽▼▽関連記事▽▼▽

国産モデルとしては初の市販用リヤミドシップとして注目されましたが、次期モデルではポルシェとの共同開発が進められる?との噂が度々報じられてきました。

しかしながら、2020年2月時点でトヨタ・モーター・ヨーロッパの営業担当副社長であるマット・ハリソン氏の説明によれば、新型MR2は「優先事項の対象に無く、次期GR86の開発が重要」と語っていることから、その説明の通り2021年4月5日に新型GR86が発表され、同年秋頃に発売予定となっています。


次期MR2はレトロスタイルで丸みを帯びたパフォーマンス重視モデル?

ちなみに今回、デジタルアーティストであるRainPrisk氏によって作成された次期MR2はこうなる?というレンダリングが公開されていますが、以前公開された次期GR86をパンダトレノ風にしたら?というレンダリングに非常にそっくり(作成者が同じなので似ているのは仕方ない)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ネオクラシックな国産スポーツにも見え、しかし新型GR86のように丸みを帯びたボディを持つことで一気に絞り込み、空力を考慮したデザインになっていると考えられますが、現時点で本当に新型MR2が登場するのかは何とも微妙なところ。

排ガス規制やEVモデルが主流となっているなか、敢えて排気量アップの自然吸気エンジンを搭載する2ドアスポーツクーペを発表したトヨタ/スバルには敬意を表する一方で、これを最後に100%内燃機関を搭載するスポーツモデルは搭載しない?との見方も。

MR2が仮に登場したとしても、ハイブリッドもしくはシングルモーターを搭載するマイルドハイブリッドを組み合わせたリヤミドシップモデルとなる可能性も考えられそうで、今後は電動化をベースとしたスポーツモデルが登場してもおかしくなさそうです。

過去にはポルシェっぽい次期MR2のレンダリングも登場

via:https://spyder7.com/

続いては、自動車ニュースサイトSpyder7さんによって作成されたフルモデルチェンジ版・新型MR2のレンダリングですが、2019年にリークされた特許画像をベースにしているとのことで、かなり現実味のあるデザインとのこと。

どことなく軽スポーツのような雰囲気もあれば、ポルシェ・ケイマン(Porsche Cayman)/ボクスター(Boxster)あたりをイメージさせるような丸みのあるデザインにも仕上げられています。

次期MR2はポルシェとの共同開発モデルになる?

っというのも、過去に自動車ニュースサイトAutoIndustriyaのインタービューにて、トヨタ新型GRスープラ(Toyota New GR Supra)を開発したチーフエンジニアである多田哲也 氏の説明によれば、次なる新型ミドシップスポーツモデルMR2の共同開発の相手は”ポルシェになるかも”と回答したことが大きな話題に。

そして次期MR2に搭載されるエンジンについても、水平対向4気筒エンジンをベースにしつつ電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムがリヤミドシップに搭載される可能性があるとのことで、より具体的な開発内容が明らかになってきています。

ポルシェ以外のメーカーとの共同開発も噂されている次期MR2だが、本当に登場する?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう