フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーの初回1か月点検の予約完了。点検内容や費用、そして点検に合わせて査定もしていただく予定

気が付けば新型ハリアーももうすぐ納車1か月を経過しようとしている

さてさて、2020年7月3日に私に納車されたばかりとなるトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)・ガソリンZ”Leather Package”(FF)が、納車後初回1か月点検を迎えるとのことで早速ディーラーでの点検予約完了。

新型ハリアーの点検に関しては、見積もり作成時に初回車検までのメンテナンスパックに加入しているため、過走行による頻繁的なエンジンオイル交換などが無い限り全て無料での点検となるため非常にお得なんですね。

なおトヨタディーラーによると、点検にかかる時間は概ね30分~1時間(そのときに担当するスタッフが1人なのか2人なのかで時間も変動する模様)で、点検内容としては以下の通り。

【新型ハリアー初回1か月点検内容】

[エンジンルーム点検]
・ブレーキ液量、クラッチ液量(MT車のみ)
・エンジンの低速及び加速の状態
・エンジンオイル量・汚れ・油漏れ
・燃料漏れ
・冷却水量
・トランスミッション、トランスファーの油量、油漏れ

[室内点検]
・ブレーキペダルと床板のすきま
・パーキングブレーキ引きしろ(踏みしろ)

[下まわり点検]
・ステアリングギアボックスの油漏れ
・パワーステアリング機構の油量・油漏れ
・ディファレンシャルの油漏れ
・ブレーキ配管の損傷、油漏れ

現在の新型ハリアーの走行距離は?そして点検に合わせて査定も依頼へ…一体なぜ?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう