遂に来た!フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグの内装がリーク。新型レガシィ同様にタブレットタイプの大型ディスプレイを採用へ

2020-08-17

新型レヴォーグのインテリアデザインはこうなっている

こちらが実際にリークされた新型レヴォーグのインテリアデザイン(グレードはGT-H・EX)。

今回公開されているのは、全3グレードにてオプション設定されるアイサイトX(EX)を装備したもので、センターのインパネ部分には11.6インチナビゲーションディスプレイ、運転席には12.3インチインフォテイメントシステム(液晶メーター/マップ表示/アイサイト機能対応)が搭載され、更にはデジタルマルチビューモニターシステムや先進運転支援システム、ウェルカムライティング、コネクティッドサービス、ドライバーモニタリングシステムといった豪華なシステムも全てセットにて装備されます。

ちなみに11.6インチのタブレット形状に近いディスプレイは、北米市場にて販売されているフルモデルチェンジ版・新型レガシィ(New Legacy)/アウトバック(New Outback)と同じレイアウトで、エアコン関係も全てタッチパネルになっているため、操作性は物理スイッチに比べて低くなりそう。


基本レイアウトは北米場向けの新型レガシィ/アウトバックと同様

ちなみにこちらが、北米市場向けの新型アウトバックのインテリア。

巨大タブレットの下に温度関係のタッチパネルと、、その両サイドにも温度調整のスイッチが設けられているのが確認できると思います。

改めて新型レヴォーグのリーク画像に戻ると、ダッシュボードのラインとしては、凹凸を付ける感じではなく、どちらかというとフラットに近い印象で、運転席から見る視界は結構広々とした印象を受けます。

ステアリング形状はフルモデルチェンジ前同様に3スポークタイプのフラットボトム形状でスポーティになり、足もとのペダルはパンチングスポット付きのアルミペダルをそのまま採用しています。

そしてセンターシフトを見ていくと、シフトブーツ付きで少し斜めに配置され、その手前側にはしっかりと電動パーキングブレーキを搭載、そして更に手前には、シャッター付き?の横2列となるドリンクホルダーも設けられています。

シートはスポーティな合成皮革×ファブリックのコンビタイプ

そしてこちらは運転席。

ちなみに中間・上位グレードのGT-H/STi Sportでは、メモリー付きパワーシートが設定され、上位グレードのSTi Sportはブラック&ボルドーのバイカラー本革スポーツシートエントリーグレードGTと中間グレードGT-Hはブラックのファブリック&合成皮革のスポーツコンビシートが設定されます。

GT-Hのシートには、ブルーのカラードステッチが縫合されて引き締まった印象を受けますね。

パワーリヤゲートはキックバック式ではなく、エンブレムに近づけるだけのハンズフリータイプを採用

こちらはトランクルームとハンズフリータイプとなるパワーリヤゲート。

それぞれの機能性については、以下の通り。

[カーゴルーム]
VDA法で561L(カーゴフロアボード上部492L、サブトランク69L)の大容量を確保するとともに、一目で使いやすさが感じられる広い開口部を実現しました。
さらに、リヤシートを3分割で倒すことができるので、4名乗車時でもスキー板など長い荷物の積載が可能です。

[電動パワーテールゲート]
アクセスキーを携帯し、六連星オーナメントに肘などの体の一部を近づけるとリヤゲートが自動で開く「ハンズフリーオープンパワーリヤゲート」を新設定。
両手がふさがっている時やアウトドアで手が汚れている時でもスマートにリヤゲートを開けることができます。

先ほどのリーク画像では、肘を近づけてオープンしていましたが、個人的には北米市場向けの新型アウトバックにて行っていること同様に、こんな感じで手を添えてオープンさせるのもユニークに感じたりしますね。

新型レヴォーグのグレード別価格帯もおさらいしておこう

最後に新型レヴォーグのグレード別価格帯をチェックしていきましょう。

【新型レヴォーグのグレード別価格帯(10%税込み)】

・(エントリーグレード)GT:3,135,000円
・GT・EX:3,520,000円

・(中間グレード)GT-H:3,355,000円
・GT-H・EX:3,740,000円

・(上位グレード)STi Sport:3,740,000円
・STi Sport・EX:4,125,000円

最も安価なグレードでも313.5万円からのスタートになりますが、ここにアイサイトXの装備を追加するだけで約29万円~35万円追加になってしまいます。

既に販売終了している現行レヴォーグだと291.5万円~368.5万円となるため、アイサイトXを装備すれば結構な価格アップとなりますね。

新型レヴォーグの気になるエンジンについてですが、新開発となる排気量1.8L 水平対向4気筒直噴ターボエンジンが搭載され、最高出力177ps/最大トルク300Nm(30.6kgf・m)を発揮(ディーラーの最新スタッフ資料にも記載されています)。

そして気になるガソリンの種類ですが、今回の新開発エンジンでは、熱効率40%以上と圧縮比UPに加え、リーンバーンターボ特有の技術を活かすためにハイオクガソリンは推奨せずレギュラーガソリンなるとのことです。

☆★☆新型レヴォーグ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:中津スバルの濃いスバリストに贈る情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう