1,000馬力のクレイジーモンスター!斎藤太吾 選手がトヨタ新型GRヤリスを後輪駆動(FR)&80スープラの2JZ-GTEエンジンをぶち込む!

斎藤太吾 選手はとりあえず過激なGRモデルには2JZ-GTEエンジンをぶち込みたいのかもしれない

2020年9月4日、トヨタ新型ヤリス(Toyota New Yaris)をベースにしたハイパフォーマンスホットハッチモデル・新型GRヤリスが発表・発売されたばかりですが、早くもこのモデルを過激カスタムした猛者が登場。

▽▼▽関連記事▽▼▽

その人物が、D1グランプリでも大活躍のドリフトドライバー斎藤太吾 選手で、彼は以前発売されたばかりの新型GRスープラに80スープラの2JZ-GTEエンジンをスワップし、最高出力800psに過激チューニングしたドリ車を公開し大きな話題を呼びました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そんな彼が、今度は新型GRヤリスに同じ80スープラの2JZ-GTEのエンジンをぶち込み、更に駆動方式は四輪駆動(GR-Four)ではなく後輪駆動(FR)化にすることでドリフト仕様にセットアップ。

そしてこの2JZ-GTEエンジンをぶち込んだことで、最高出力1,000psを発揮するとんでもなく過激なGRヤリスを作り上げたとのこと。

パフォーマンスだけでなく見た目もクレイジーな新型GRヤリスのインプレッションは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう