フルモデルチェンジ版・スバル新型レヴォーグの先行予約はかなり好調のようだ。STI Sportの年内納車は不可能、やはりスバルオーナーの乗り換えが主

新型レヴォーグは発売される前からヒットすることが約束されているようだ

さてさて、先日いつもお世話になっているスバルディーラーにて拝見してきたフルモデルチェンジ版・新型レヴォーグ(Subaru New Levorg)ですが、2020年10月15日(木)の発表、そして2020年11月26日(木)の発売前からの注目度は非常に高く、特に大型ショッピングセンダーでのキャラバン展示では120分待ち(1人5分の観覧に限定)が発生するほどの人気っぷり。

私が訪問したスバルディーラーでも、ディーラーオープン時から長蛇の列で1人あたり10分ぐらいしか拝見できなかったので(車内へのアクセスも含めて)、細部に至るところまでチェックすることはできなかったものの、現行モデルに比べて完成度は非常に高く、特にシートの質感や座り心地はまるで別物ではないか?と思わせるほどでした。

ちなみに私がチェックしたグレードは、最上位のアイサイトXを装備したSTI Sport – EXで、ボディカラーはかなり激渋なマグネタイトグレー・メタリック、インテリアはボルドー×ブラックのバイカラータイプとなります。

新型レヴォーグの最新納期情報は?一体どういった方々が購入している?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう