このまま市販化しそう…もしもトヨタ新型GRヤリスクロスが登場したら?GRヤリスのフェイススワップだけでなく、5ドア版も公開

多分ヤリスクロスのGR版もいずれは市販化されると思う

2020年8月31日に発表・発売スタートしたトヨタのB-SUVモデル・新型ヤリスクロス(Toyota New Yaris Cross)。

まだ発売されて2週間しか経過していませんが、早くも新型GRヤリスのボディスタイルをベースにしつつ、新型ヤリスクロスをフェイススワップしてGR風デザインにしたら?というレンダリングが公開されています。

今回このレンダリングを作成したのはデジタルアーティストのKDesignAG氏で、これまで数多くの国産モデルをベースにしたイメージ派生版や、今回のようなGR版も公開。

改めてGRヤリスクロスを見ていくと、確かにブラックペイント処理された鋳造?ホイールとレッドブレーキキャリパ、ボディスタイルは3ドア仕様のGRヤリスで、それ以外のクロスオーバー仕様のフェンダーモールやフロントフェイス、リフトアップした車高、左側サイドミラーに設けられた補助ミラーはヤリスクロスであることがわかりますね。

しかもヤリスクロスのフロントフェイスに加えて、GRモデル特有の大口化したスクエア型フロントロアグリルと縦型基調のフロントインテークが印象的で、普通にこのデザインで市販化されてもおかしくないレベルだと思います。

気になる3ドア仕様のGRヤリスクロスのリヤデザインと、5ドア仕様のGRヤリスクロスは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう