レクサスが新世代SUV「TX350/TX500h」を商標出願!GXの置き換えを想定した次世代3列シートSUVとの噂も

昨今のSUVブームの中でトヨタに続きレクサスもSUVを乱売?

レクサスは以前、新世代SUVモデルでトヨタ新型ヤリスクロス(Toyota New Yaris Cross)の兄弟車種と思われるLBXを商標出願し、更にはランボルギーニ・ウルス(Lamborghini Urus)やベントレー・ベンテイガ(Bentley Bentayga)などを競合とするであろうRZ450eを商標出願していましたが、今回も全く新しいSUVモデルと思われるTX350/TX500hを出願していたことが明らかとなりました。

このTXと呼ばれる商標は2020年9月8日に出願されたばかりのもので、具体的にフルサイズSUVとなるのか、ミドルサイズSUVとなるのか、はたまたコンパクトSUVとして登場するのかまでは明らかになっていないものの、「350/500h」という数字を見る限りでは、恐らく排気量3.5L V型6気筒自然吸気エンジンを搭載するガソリンモデルとしてTX350が登場し、同エンジンに電機モーターを組み合わせたハイブリッドシステムとしてTX500hが登場するのではないかと考えられます。

実際に商標出願された「TX350/TX500h」の出願情報、どのグレードに位置するのか?は以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう