ホンダ新型NSXスパイダーが登場したら?限定51台中51台目のアキュラ・NSXザナルディ・エディションがオークションに登場!そのとんでもない入札価格は?

まさかこんな貴重過ぎるNSXザナルディ・エディションがオークションに登場するとは

続いては、アキュラ(ホンダ)初代NSXをベースにした超希少な特別仕様車NSXザナルディ・エディション(Acura NSX Zanarudi Edition)がオークションに出品されています。

このモデルは、1997年~1998年にホンダとアレッサンドロ・ザナルディ選手とのCARTタイトルを記念として特別に製造された個体なのですが、世界限定51台しか販売されず、しかも今回Bring a Trailerオークションに出品されているのは51台目と最後。

走行距離は僅か19,300kmとほとんど走られておらず、コンディションも抜群のフォーミュラーレッドにてペイントされたモデルとなります。


新車と思われてもおかしくないレベルのベストコンディション

改め今回出品されているフォーミュラーレッドのNSXザナルディ・エディションを見ていくと、初代NSXの特徴ともいえるリトラクタブルヘッドライトが搭載され、海外仕様の左ハンドル、そしてフロントボンネットにはAcuraバッジが貼付されています。

このほかにも、固定式のトップルーフや軽量タイプのリヤスポイラー、BBS鍛造アルミホイール(フロント16インチ/リヤ17インチ)、軽量バッテリーなどを装備することで、従来のNSXよりも68kgもの軽量化が施されているとのこと。

足回りについても、従来NSXよりも更にハードなサスペンションをインストールしていることから乗り味がかなりガッチリしているとのことで、どちらかというとレース向きのチューニングを施しているのだとか。

気になるその価格は?

インテリアのコンディションも素晴らしいですね。

殆どキズや汚れは無く、マクロスエードのインテリアトリムや電動パワーシート、レッドのステッチとブラックのカーペット、センターインパネにはカセットステレオやエアコン、そして6速MTのチタン製シフトノブなども装備(サイドブレーキはもちろん手引き式)。

気になるパワートレインは、排気量3.2L V型6気筒VTECエンジンを搭載し、最高出力290hp/最大トルク303Nmを発揮します。

気になるオークションでの入札価格としては、2020年9月16日現在で約2,220万円とのことから、恐らく2,500万円あたりにて落札されるのではないかと予想されます。

☆★☆アキュラ(ホンダ)NSX関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS①CARSCOOPS②

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう