ランボルギーニ・ウラカンのリバティーウォークカスタムを見てきた!その姿はGT3風でありながらも戦闘機、そしてヴェネーノ風リヤウィング装備で過激に

SEMAショーに出展された代表的なカスタムモデルが見れただけでもこのイベントに参加できてよかった

石川県金沢市にて、2020年9月18日~19日まで開催されたリバティーウォークさんと代理店THX&CO(サンクス・アンド・コー)さん主催となる、感謝記念イベント「LB HOKURIKU~夏祭り~」に訪問。

本イベントでは、THX&COさんの新工場開設を記念するイベントも含まれていましたが、北陸のスーパーカーオーナーをメインに数多くのリバティーウォークカスタムモデルが多数展示されていました。

ざっと見ただけでもランボルギーニやフェラーリ、アウディ、トヨタ、日産、ダッジといった幅広いジャンルのモデルたちが並べられ、その一つ一つの存在感も圧倒的でとにかく車高が低いこと何の。

今回は、超高額且つ2019年11月のアメリカSEMAショーでも特別出展された専用ワイドボディキット”LB-Silhouette WORKS HURACAN GT(LBシルエットワークス・ウラカンGT)”を装着するランボルギーニ・ウラカン(Lamborghini Huracan)をピックアップしていきたいと思います。

▽▼▽「LB HOKURIKU~夏祭り~」のダイジェスト版はコチラ!▽▼▽

圧倒的な存在感と世界限定3台のみとなるヴェネーノ風のパーツを備えたカスタムモデルとは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう