トヨタ新型GRスーパースポーツのエンジン仕様がリーク!V6ハイブリッド搭載でシステム総出力1,400馬力を発揮、そして10月に登場との噂

これが本当ならトヨタは世界のハイパーカーモデルと戦うことができる

2020年9月19日に開催された第88回ル・マン24時間レースのスタート前、トヨタTS050ハイブリッド(Toyota TS050 HYBRID)をベースにしたスペシャルロードカーGRスーパースポーツ(GR Super Sport)の開発車両がサプライズ登場しましたが、何とこのモデルのエンジンスペックが完全リークした模様。

海外自動車サイトTheSupercarBlog.comの情報によると、GRスーパースポーツは2020年10月に発表する予定で、その際にはエンジンスペックも明らかになるとのことですが、どうやらパワートレインは排気量2.4L V型6気筒コンペティションエンジンを搭載し、これに(どのようなレイアウトかは不明ですが…)3基の電気モーターを組み合わせることでシステム総出力 約1,400hpを発揮するとのこと。


自社製エンジンというところも魅力あるポイントだ

もしこのスペックが本当であれば、GRスーパースポーツはケーニグセグ・ジェスコ(Koenigsegg Jesko)やブガッティ・シロン(Bugatti Chiron)、メルセデスベンツAMG One(Mercedes-Benz AMG One)、アストンマーティン・ヴァルキリー(Astonmartin Valkyrie)、そしてマクラーレン・スピードテール(McLaren Speedtail)といったモデル対抗できる唯一の国産ハイパーカーとなります。

正直、トヨタからこのようなクレイジーなスペックを持つモデルが登場するとは予想もしていませんでしたし、そもそもトヨタがスポーツカー/スーパーカー向けの自社製エンジンを開発することは無いと思いこんでいたので(GRスープラ/86は他社エンジンを流用)、買える買えない関係なく、トヨタの意地とプライドを見たような気がします。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう