【価格は349.5万円から】ビッグマイナーチェンジ版・ホンダ新型オデッセイの詳細情報をディーラーにて聞いてきた!発売日は2020年11月5日予定

2020-09-28

遂に新型オデッセイの詳細情報並びにグレード別価格帯が明らかになったぞ!

さて、2020年11月5日(木)に発表・発売予定となっているホンダのビッグマイナーチェンジ版・新型オデッセイ(Honda New Odyssey)の最新情報並びにグレード別価格帯について、いつもお世話になっているホンダディーラーにて取材してきましたので早速当ブログにて展開していきたいと思います。

今回のビッグマイナーチェンジでは、フロントマスクがかなり引き締まったデザインとなり、今後ホンダにて採用していくであろうハニカムグリル(六角形)の設定、そして豪華な装備が充実していることはもちろんのこと、それに合わせて価格帯も結構アップしています。

是非とも新型オデッセイを検討されている方は参考にしていただけたらと思います(新型オデッセイの簡易カタログ画像を提供していただけたC様には心より感謝!)。

▽▼▽関連記事▽▼▽


①:新型オデッセイのグレード構成を見ていこう

まずは新型オデッセイのグレード構成をチェックしていきましょう。

グレード構成としては以下の通りで、今回のビッグマイナーチェンジによりABUSOLUTE(アブソリュート)のみのグレード展開となり、エントリーグレードやG・AEROは廃止となりました。

【新型オデッセイ・グレード構成一覧】

[ガソリン]
・ABUSOLUTE[8人乗り/2WD or 4WD]
・ABUSOLUTE[7人乗り/2WDのみ]

・ABUSOLUTE EX[7人乗り/2WDのみ]
・ABUSOLUTE EX[8人乗り/2WDのみ]

[ハイブリッド]
・ABUSOLUTE[8人乗り/2WDのみ]
・ABUSOLUTE[7人乗り/2WDのみ]

・ABUSOLUTE EX[7人乗り/2WDのみ]

ディーラー情報によると、オデッセイで売れているグレードのほとんどABUSOLUTEというのもあって、エントリーグレード系はほぼ淘汰されていたため、その影響でグレード廃止となったのかもしれないとのこと。

あとパワートレインも従来通りで、ガソリンモデルが排気量2.4L 直列4気筒ガソリンエンジンのみを搭載し、ハイブリッドモデルはe:HEVに変更された排気量2.0L 直列4気筒ガソリンエンジン+電気モーターを組み合わせたものとなります(いずれもレギュラーガソリンで55Lは変わらず)。

②:ボディサイズは全長のみ延伸に

続いて新型オデッセイのボディサイズについてですが、今回のビッグマイナーチェンジにより変更されたのは全長+15mm延伸したのみで、それ以外は変更無し。

具体的には全長4,855mm×全幅1,820mm×全高1,685mm~となり、プラットフォームは既存のままとなるため、基本的なボディラインは変化していないものの上部から下部にかけてワイドになっていくような台形スタイルを意識したスポーティなデザインへと変更されています。

このほかの変更ポイントやボディカラー一覧、グレード別価格帯などの詳細情報は、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう