ビッグマイナーチェンジ版・ホンダ新型オデッセイの見積もりしてみた!価格は中々に高い…ガソリンとハイブリッドで注意すべき点もおさらい

新型オデッセイの見積もりを取得したので早速チェックしていこう

さて、2020年11月5日(木)に発表・発売予定となっているホンダのビッグマイナーチェンジ版・新型オデッセイ(Honda New Odyssey)の最新情報並びにグレード別価格帯をどこよりも早くお伝えしてきましたが、今回は同車の見積もり内容を公開していきたいと思います。

中々に魅力的な要素がたくさんある新型オデッセイですが、それ以上にネックになってくるのが価格帯で、最上位グレードe:HEV ABUSOLUTE EX(本革シート)になってくると約480万円ぐらいになってくるので、乗り出し価格帯になると優に500万円を超えてしまうほど。

一応モデルとしてラージ型ミニバンになるため、競合モデルとしてはトヨタ新型アルファード(Toyota New ALPHARD)/ヴェルファイア(New VELLFIRE)、そして日産の新型エルグランド(Nissan New Elgrand)が対象になってくるので、フラッグシップラグジュアリーミニバンとして、ある程度充実した装備に加えて高価格帯モデルになってくるのは致し方ないのかもしれません。

今回見積もりをご紹介するのはガソリンとハイブリッドの上位グレード2種類

そして今回見積もりを取得したのはガソリンとハイブリッドの2種類で、何れも本革シート仕様となるABUSOLUTE EX(2WD/7人乗り)となります。

一体どれぐらいの価格帯となるのか、最新納期や値引き・割引きはどれぐらいになるのかもチェックしていきたいと思います。


まずは新型オデッセイのグレード別価格帯をおさらいしておこう

見積もり内容の前に、まずは新型オデッセイのグレード別価格帯を見ていきましょう。

【新型オデッセイ・グレード別価格帯一覧(10%込み)】

[ガソリン]
・ABUSOLUTE[8人乗り]:(2WD)3,495,000円/(4WD)3,715,000円
・ABUSOLUTE[7人乗り]:(2WD)3,583,000円

・ABUSOLUTE EX[7人乗り]:(2WD)3,815,000円
・ABUSOLUTE EX+本革シート[7人乗り]:(2WD)4,002,000円
・ABUSOLUTE EX[8人乗り]:(4WD)3,929,400円

[ハイブリッドe:HEV]
・e:HEV ABUSOLUTE[8人乗り]:(2WD)4,198,000円
・e:HEV ABUSOLUTE[7人乗り]:(2WD)4,286,000円

・e:HEV ABUSOLUTE EX+センターコンソールボックスレス[7人乗り]:(2WD)4,518,000円
・e:HEV ABUSOLUTE EX[7人乗り]:(2WD)4,580,000円
・e:HEV ABUSOLUTE EX+本革シート[7人乗り]:(2WD)4,767,000円

上の通りざっくり見ていくと、全体的に+20万円~ぐらい価格アップしている印象で、グレード構成としてもABUSOLUTE(アブソリュート)のみのグレード展開となり、エントリーグレードやG・AEROは廃止となりました。

ディーラー情報によると、オデッセイで売れているグレードのほとんどがABUSOLUTEというのもあって、エントリーグレード系はほぼ淘汰されていたため、その影響でグレード廃止となったのかもしれないとのこと。

あとパワートレインも従来通りで、ガソリンモデルが排気量2.4L 直列4気筒ガソリンエンジンのみを搭載し、ハイブリッドモデルはe:HEVに変更された排気量2.0L 直列4気筒ガソリンエンジン+電気モーターを組み合わせたものとなります(いずれもレギュラーガソリンで55Lは変わらず)。

新型オデッセイの見積もり結果は、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう