フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ミライ(MIRAI)の開発車両が目撃に。カモフラージュはかなり薄め、2020年12月9日の発売に向けていよいよ最終調整か?

恐らくテスト走行も最終段階に入っているであろう新型ミライの開発車両

ようやくトヨタ公式ホームページにてティーザー画像が公開され、発売日も2020年12月9日予定となっているフルモデルチェンジ版・新型ミライ(Toyota New Mirai)ですが、今回は珍しく海外にて開発車両が目撃されています。

日本市場ではボディ全体にダズル迷彩のカモフラージュが施された開発車両が何度か目撃されていますが、海外ではフロントマスクの一部にカモフラージュが施されているのみで、フロントヘッドライトのデザインやバンパー形状の一部が確認できるようになっていますね。

ボディスタイルやデザインとしては、ほぼコンセプトモデルから変更なくそのまま登場するものと思われ、スタイリングもレクサス新型LSのようなクーペスタイルの4ドアセダンとなり、後輪駆動(FR)レイアウトをベースとした新世代プラットフォームTNGA-Lを採用することで、ボディサイズも全長4,975mm×全幅1,885mm×全高1,470mmと、先代に比べて+85mm/+70mm/-65mmとワイド&ローを際立たせ一台になります。

真正面やリヤから見た新型ミライの開発車両は、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう