【悲報】トヨタ・ポルテ/スペイドが年内販売終了へ。更にホンダ・シャトルもフルモデルチェンジすることなく販売終了予定との情報も

トヨタも少しずつラインナップモデルの種類を減らしている

トヨタのトールワゴンタイプとなるポルテ(Toyota Porte)/スペイド(Spade)が、2020年内をもって生産終了し、既に最終生産分の受付も終了していたことが明らかとなりました。

愛知県のトヨタディーラー小牧店スタッフブログより、ポルテ/スペイドともにフルモデルチェンジすることなく年内での販売を終了し(厳密にはポルテが2代目で終了)、今後はマイナーチェンジ版・新型ルーミー(New Roomy)の販売に注力していくものと考えられます。


タンクとの統合化で新しくなったルーミーの販売は好調のようだ

既に新型ルーミーもタンクと統合しているため、今後トヨタのラインナップは半数近くにまで絞られ、よりシンプルなものにまとめられることになりますが、スタイリング的にも最も被るであろうポルテ/スペイドが真っ先に販売終了するのは何となく納得できますし、しかも2020年7月2日に特別仕様車の登場を最後にするというのも美しい終わり方ではないかと思いますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

何とホンダ・シャトルもフルモデルチェンジせずに販売終了するとの情報?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう